星野源「超ビビリ症」トラウマ克服させた“恩人の熱血指導”

星野源「超ビビリ症」トラウマ克服させた“恩人の熱血指導”

  • 女性自身
  • 更新日:2016/11/30
No image

主演ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の視聴率が右肩上がりの星野源(35)。2年連続で紅白歌合戦の出場も決め、飛ぶ鳥を落とす勢いだ。だが星野の人生をさかのぼっていくと、そこから見えてくるのはいまとはまったく違う少年時代の姿――。

「小学校で教師に強く叱られたことが強烈なトラウマになって、それ以来、ご両親も彼のことを怒ることができなくなってしまったんです。叱るかわりに励ましたり、気持ちを紛らわせてあげるために冗談を言ってあげたり」(星野の知人)

大学受験に失敗して実家を出た星野は、東京・中野の沖縄料理店「あしびなー」でアルバイトを始める。ここで“超ビビリ症”の気弱少年は、一大変貌を遂げていく。店を訪れると、店主の金城吉春さんが出迎えてくれた。

「源ちゃんのファンかい?この前も栃木や仙台から来てくれて、源のおかげでこの不景気に助かってるよ!(笑)」

この店で星野は25歳までの6年間、アルバイトに励んだ。

「仕事ぶりは一生懸命だけど、たまに遅刻したな。プレッシャーに弱くて、お腹を下しちゃうらしく、阿佐ヶ谷から中野までの2駅の距離でも電車を降りてトイレに掛け込んでいたらしいよ」

お金がなかった星野は、店から料理の煮汁をもらって帰り、家でつけ麺を作って食べていたと当時を振り返る。

「店の塩も勝手に盗んで持って帰ってたよ(笑)。賄いはみんなで食べるから鍋とかが多いんだけど、あいつは片手でだらしなく食べててね。『ちゃんと両手で食べなさい!』とか、『背筋を伸ばして食べなさい!』って叱ったなあ。朝、お腹が痛くなったのも、俺がプレッシャーかけすぎたせいだったのかな(苦笑)」

叱られない少年時代から一転、金城さんの“熱血指導”で“更生”した星野は、ついに昨年、夢だった紅白歌合戦への初出場を遂げるまでに成長する。金城さんが続ける。

「じつは今年の初めに、源のお父さんが1人でわざわざ店に来てくれたんだよ。個性的なお父さんでね。源と違って酒もタバコも飲むし、酔っ払って終電を逃してね。『源を叱ってくれてありがとう』って言ってたな。夜通し飲みながら源の話をしてたよ」

出会いが星野を生まれ変わらせた――。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
長渕剛「乾杯」新バージョンに騒然 FNS歌謡祭「今年一番笑えた!」
成宮寛貴、実弟が明かす“兄への感謝”
小林麻央「前入院先」病院の担当医が極秘退職したワケ
浜田雅功が“この人は異質”と感じた芸人
再び...「フライデー」が成宮寛貴コカイン疑惑の詳報、具体的すぎる描写

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加