【VW ザ・ビートル デザイン 試乗】8色のカタログまで揃えたカラフルさ...島崎七生人

【VW ザ・ビートル デザイン 試乗】8色のカタログまで揃えたカラフルさ...島崎七生人

  • レスポンス
  • 更新日:2016/11/30
No image

新型『ザ・ビートル』のカタログはボディ色分、全8色の色違いの表紙で用意されている。知っている限りではNA型初代ユーノス『ロードスター』が、改訂版を出す度、順にボディ色を替えて表紙にしていたが、それ以来だ。

そういう場合レポーターは“全色を揃えたくなる性分”だが、言いたいことは、そんなカラフルさ(=楽しさ)を改めて打ち出しにしてきたのが新型だ、ということ。初代のようなユルキャラ風味からは脱して、とはいえ実用車ラインが豊富なVWにあって、パーソナルカーの役割を果たしているのは変わらない。

試乗車は新色の“ボルドーグリーンメタリック”。クッキリと深みのある、なかなか存在感のある色だ。他方で内装は明るいベージュを基調にし、インパネとステアリングホイールのスポーク部分にボディ色の挿し色を入れてアクセントにしている。嫌みのない遊び心基調といったところか。かつ、Bピラーに設けられた吊り下げ式のアシストストラップなど、さり気なくクラシックカーの味も盛り込まれる。

上級仕様の「Design」と呼ばれる試乗車は、外観ではクロームパーツやボディ色のドアミラーハウジングなどを装着。室内ではキーレスアクセス、オートライトシステムなど機能、装備が充実している。サッパリとベース車(Base)で乗るか、コチラにするかは好み次第だろう。

1.2リットルターボ(105ps/17.8kgm)+7速DSGの走りは、効率よくスムースな印象。100km/hは7速で2000rpmほど。乗り心地は速度を上げると若干だけタイヤがバタつく印象があったが、基本的に穏やかでゆったりすたものだった。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ブレーキと間違えアクセル踏み込んでも急発進せず 「ペダルの見張り番」
日産、容赦なさすぎの「系列」完全解体完遂へ...最大の部品会社切り、IT企業と連携強化
2030年にメーカーの利益は半減...デロイトトーマツが自動車産業の行く先を予想した
“タワーマンション課税”見直し案固まる
業種・職種別「平均年収&生涯賃金」ランキング、各1位は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加