中日木下拓哉、200万増も「まだまだという1年」

中日木下拓哉、200万増も「まだまだという1年」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/15
No image

アップで契約更改、会見で笑顔を見せる木下拓(撮影・前岡正明)

中日の木下拓哉捕手(25)が14日、ナゴヤ球場で契約更改を行い、200万円アップの1200万円でサインした。

プロ2年目の今季は51試合に出場し、78打数15安打、打率1割9分2厘。27試合でスタメンマスクをかぶった。「昨年より試合数を経験できたけど、もっとできたのかなと思う。打っても守ってもまだまだという1年だった。これといった成績を残すことができなかった」と振り返った。

出身の社会人野球・トヨタ自動車が社会人野球日本選手権で3大会ぶり5度目の優勝に輝いた。15年ドラフト3位は「周りには『お前が抜けてから強くなったな』と言われた。負けないように頑張ります」と意気込んだ。(金額は推定)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
薮田“続投流”調整 オフも肩休ませず開幕ローテへ
西武球団歌の新バージョン、松崎しげる熱唱に総立ち
清宮から5連続三振の横浜DeNA5位桜井が「消える球」で清宮キラー宣言
岡田圭右、大興奮「パ・リーグ党芸人座談会」に現役選手乱入
ソフトB和田、清宮に「21」の“先輩”エール 「球界背負っていくバッター、楽しみ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加