W-1近藤が世界ジュニア王者・青木に完勝「今の全日本ジュニア一番弱え」

W-1近藤が世界ジュニア王者・青木に完勝「今の全日本ジュニア一番弱え」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/02/14
No image

青木篤志(左)にラリアートを見舞う近藤修司=後楽園ホール

「プロレス・全日本」(13日、後楽園ホール)

ジュニアヘビー級のシングルリーグ戦「Jr. BATTLE OF GLORY」が開幕。元全日本で現在はWRESTLE-1の近藤修司が、世界ジュニアヘビー級王者の青木篤志に完勝して白星発進を決めた。

開始から得意の腕ひしぎ逆十字固めを執ように狙う青木に対し、体格で勝る近藤はパワー殺法で圧倒。青木のトペ、原爆固めなどの大技を受ける場面もあったが、最後はキングコングラリアット4発を集中して3カウントを奪った。

優勝候補を破った近藤はブーイングを浴びながらリング上で「全日本の客はさぞ不愉快だろうな。オレは全日本に長くいたけど、今の全日本ジュニア、一番弱弱えんだよ!」と古巣のファンを挑発。インタビューでは「青木、お前は強くなっている。でも、それ以上にオレは進化している。40になったけど、諏訪魔の言葉を借りれば全盛期。オレが1位でこのリーグ戦は突破すると思うよ」と不敵に優勝を宣言した。

一方の青木はダメージのあまりノーコメントだった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
山中、ネリ対策練り上げた 相手得意の接近戦でも手応えあり
ディック・ザ・ブルーザー&クラッシャー・リソワスキー “生傷男”と“粉砕者”――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第22話>
【新日本】EVILが左眼窩底骨折で欠場へ
王者ネリ禁止薬物再発防止へ2カ月前から栄養士雇う
山中慎介「必ず奪い返す」ベルト色“神の左”で決意
  • このエントリーをはてなブックマークに追加