宮原知子、視線はあくまで五輪 GPファイナルは「場数を踏むせっかくの機会」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/12/09
No image

公式練習で調整する宮原知子=日本ガイシホール(撮影・高部洋祐)

フィギュアスケート・GPファイナルの公式練習が6日、名古屋市の日本ガイシホールで行われた。女子は先月のスケートアメリカで優勝した宮原知子(19)=関大=とファイナル初出場の樋口新葉(16)=東京・日本橋女学館高=が最終調整を行った。フリー曲「蝶々夫人」を通して演技した宮原は、3回転の連続ジャンプを決めるなど仕上がりのよさをアピールした。

ファイナルでは2015、16年に銀メダルを獲得しているが、今回は世界女王のエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)の故障欠場で補欠からの繰り上げ出場。今季は左股関節の疲労骨折の影響で「試合数が少ない。場数を踏むせっかくの機会」と言い、あくまで平昌五輪出場権がかかる今月末の全日本選手権(東京)へのステップと位置付ける。

スケートアメリカ後に現地で振り付けの手直しを行い、2日前に帰国したばかり。振り付けについては「フリーの後半のステップが変わっている」と明かした。「緊張感を感じるのが大事。(試合は)一発の集中力が高められる」と臨戦態勢は整った。女子は8日にSP、9日にフリーが行われる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
羽生結弦「腱と骨にも炎症」練習の再開時期は未定
羽生結弦が異例連日談話、五輪選出確実もプラン再考
羽生不在のGPF2位、宇野昌磨を襲った「的外れなプレッシャー」
羽生善治氏「永世7冠」どうスゴい? 次はタイトル100期と最年長記録に期待
加藤綾子「五輪キャスター就任」で不安視される羽生結弦の調整
  • このエントリーをはてなブックマークに追加