2位は唐沢寿明「中卒で地頭が良さそうな男性芸能人」1位の奇才は?

2位は唐沢寿明「中卒で地頭が良さそうな男性芸能人」1位の奇才は?

  • VenusTap
  • 更新日:2016/10/19
No image

女性芸能人の中には、10代前半からアイドルとして多忙を極め、最終学歴が中学卒業になる人物も珍しくありません。一方、男性芸能人はアイドルの絶対数が少ないためか、高校・大学を卒業してから、もしくは在学中にデビューという人が多いように思えます。

しかし、中には最終学歴が中学卒業の人も。しかも学歴をもろともせず、博学だったり頭の回転が速くてキレ者だったり。

そこで今回『VenusTap』では、男女500名に「中卒(または高校中退)だけど地頭が良さそうな男性芸能人は?」というアンケート調査を実施。気になる結果をランキングでご紹介します。

■『Qさま!!』で有名大学出身者も凌ぐ雑学を披露! 1位は伊集院光

<中卒(高校中退含む)だけど地頭が良さそうな男性芸能人トップ5>

1位・・・伊集院光(98票)

2位・・・唐沢寿明(77票)

3位・・・千原ジュニア(38票)

4位・・・桂歌丸(37票)

5位・・・小沢一敬(スピードワゴン)(35票)

1位は『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』(テレビ朝日系)で、東京大学、京都大学、早稲田大学、慶應義塾大学など名だたる難関大学出身者を退けて上位にランクインするほどの雑学王・伊集院光。

“ひらめきの天才”と呼ばれ、その知識の幅広さと連想力の高さは見ていて痛快です。そんな伊集院光も志望校の受験に失敗し、入った高校を中退しています。

そして、『笑点』(日本テレビ系)のレギュラー出演で有名な現在の六代目三遊亭圓楽に弟子入りし、三遊亭楽大として活動を始めますが、師匠に内緒で“伊集院光”の名で出演したラジオ番組で思わぬ脚光を浴びてしまったことが問題になり、落語家を廃業。

その後のぽっちゃりタレント・伊集院光としての活躍はご存知の通り。落語家としても、入門5年目にして「NHK新人落語コンクール」に出場を果たすなど、才能があったことをうかがわせる経歴もあるようです。

ネット上でも「ラジオでの思考回路の飛躍ぶりが、天才としか思えない!」、「“中2病”という言葉を作ったのは伝説。プロのコピーライター顔負けの秀逸な表現」、「若手芸人のいじり方が面白すぎる! 心理学を勉強した人かと思ってしまう」などなど、その奇才ぶりが絶賛されています。

■トーク番組で“キレモノ”発揮!? 2位は唐沢寿明

2位は、10代より俳優を志していたため高校を中退して芸能界に飛び込んだ唐沢寿明。

自伝的著作『ふたり』(幻冬舎)などを読むとかなりの苦労人で、売れない時代は様々なアルバイトをしながら演技力に磨きをかけていたよう。

本人の志向とは異なっていた“爽やか路線”でブレイクしましたが、出演作品が増えるごとに実力派俳優としての地位を確固たるものにしていきました。

ネット上では、「人生経験が豊富だからか、勉強云々じゃなく人として賢そうに見える」、「たまにバラエティに出てるのを見ると、頭の回転が速いんだろうなと思う」などと、“キレモノ”イメージを持つ方が多いようです。

テレビのトーク番組などで見せるテンポの良い会話や人を楽しませる気配りにも、頭の良さが感じられますよね。

■成熟した“ジャックナイフ”! 3位は人気お笑い芸人・千原ジュニア

3位のお笑い芸人・千原兄弟の千原ジュニアは、中高一貫の有名私立中学に合格したものの、学校で浮いてしまい引きこもり状態に。高校を中退して家にこもっていたところを、千原兄弟のツッコミ担当で実兄である千原せいじに誘われ、芸人の道に進みます。

No image

大阪で人気を博した若手の頃は“ジャックナイフ”と呼ばれ、かなりとがっていたという千原ジュニア。東京進出、ネタが受けずに空回りしていた日々、人気が出始めた頃にバイクで転倒し意識不明で生死を彷徨うなど、様々な経験をします。

元々、シュールでシニカルなネタを書く天才肌の芸人でしたが、バイク事故から生還した後はその抜群のトーク力で、現在ではバラエティをはじめとするテレビ番組に引っ張りだこ。

「『すべらない話』では圧倒的に面白くて引き込まれる」、「とっさのボケには、笑うだけじゃなくて感心すらしてしまうことがある」、「あの話術はすごいと思う。地頭、絶対いいでしょ」などなど、ネット上でも唯一無二のストーリーテラーぶりを絶賛する方が多いようです。

いかがでしたか? 『VenusTap』の過去記事「3位に上戸彩!“中卒だけど頭が良いと思う女性芸能人”1位の女帝は…」と比較すると、バランス感覚と社交性に長けた“中卒で頭が良さそうな女性芸能人”に対し、男性は芸術家肌で型破りな面々が目立ちますね。

“学歴”という武器を必要とせずに出世する才能は、性差によって異なる傾向がありそうですね。

【画像】

※ TOKYO, JAPAN – APRIL 5: Actor Toshiaki Karasawa attends the Asahi Soft Drinks press conference on April 5, 2010 in Tokyo, Japan. (Photo by Sports Nippon/Getty Images)

※ TOKYO, JAPAN – APRIL 3: Comedian Chihara Junia attends TV Asahi program Press conference on April 3, 2013 in Tokyo, Japan. (Photo by Sports Nippon/Getty Images)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
高須院長の“ラーメンの食べ方”に衝撃走る
松本人志 元ほっしゃん。引退騒動に「名前変えた頃からおかしかった」
星野源『逃げ恥』着用シャツが注文15倍増「“キムタク着用”の売れ方とは違う」
あのM-1芸人、不倫&調子に乗りすぎで芸能界を干される危機か...先輩芸人から反感
坂上忍も絶句!ASKAの次に注目される薬物疑惑タレントは芸人と元アナ!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加