セルティクスが9季ぶりの12連勝 アービング欠場もラプターズに競り勝つ

セルティクスが9季ぶりの12連勝 アービング欠場もラプターズに競り勝つ

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/13

NBAセルティクスは地元ボストン(マサチューセッツ州)でラプターズに95―94(前半44―49)で競り勝って12勝2敗。開幕から連敗を喫しながら12連勝を飾った。12連勝はチーム史上3番目の記録で、2009年1月11~2月2日以来、9シーズンぶり。ホーネッツ戦で味方選手のひじが顔面を直撃して鼻骨周辺を骨折したカイリー・アービング(25)は欠場したが、脳振とうから3試合ぶりに復帰したセンターのアル・ホーフォード(31)がチーム最多の21得点を挙げて勝利に貢献した。アービングの代役として先発したガードのマーカス・スマート(23)も14得点と9アシストを記録。主力に故障者が続出しながら、セルティクスは白星を並べている。

No image

21得点を挙げたセルティクスのホーフォード(AP)

ラプターズは7勝5敗。デマー・デローザン(28)が24得点、カイル・ラウリー(31)が19得点を稼いだがあと一歩およばなかった。2ケタ連勝を続けているチームに対してラプターズは未勝利。課題を残す一戦となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
能力生かさにゃ!阪神・矢野2軍監督、フリー7発の藤谷に二刀流させる
43歳草なぎ剛、スポーツ能力測定で22歳を上回る
清宮グッズ1号誕生、木田GM補佐の「黄金の左手」
由伸監督「Gグラブ取れたし」小林ベストナイン課す
侍にリンゴスター誕生 外崎が3戦6安打4打点でMVP 青森の実家はリンゴ園
  • このエントリーをはてなブックマークに追加