米マツダ、アクセラ をリコール...燃料漏れのおそれ

米マツダ、アクセラ をリコール…燃料漏れのおそれ

  • レスポンス
  • 更新日:2016/10/20
No image

マツダの米国での主力車種、マツダ『3』(日本名:『アクセラ』)。同車に不具合があるとして、米国でリコール(回収・無償修理)を実施する。

これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。マツダの米国法人、北米マツダから、アクセラに関するリコールの届け出を受けた、と公表している。

今回のリコールは、燃料タンクの不具合が原因。NHTSAによると、製造段階において、アクセラの燃料タンクの循環パイプの溶接に問題があり、そこから燃料が漏れるおそれがあるという。

リコールに該当するのは、2016年モデルのアクセラ。米国で販売された3849台が、リコールに該当する。

北米マツダは、対象車を保有する顧客に通知。販売店において点検を行い、燃料タンクを交換するリコール作業を行うとしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
冬ボーナス、中小企業は平均27万7,086円 - 昨年に比べ改善
日本より便利に?北京市がコンビニを規範化=商品は2000種以上、クリーニングやWi−Fiも―中国
ユニクロで名字変えバイトしていたジャーナリスト、潜入ルポ発表後にいつも通り出勤 解雇を言い渡される
観光客、呼んだはいいが“無責任”エジプト
日経平均上昇“トランプラリー”で積極投資
  • このエントリーをはてなブックマークに追加