吉本興業 岡本社長の会見失敗で、“幹部サイド”松本人志への批判が高まる恐れ

吉本興業 岡本社長の会見失敗で、“幹部サイド”松本人志への批判が高まる恐れ

  • 日刊サイゾー
  • 更新日:2019/07/23
No image

所属タレントらが特殊詐欺グループとの間に行った闇営業に発する一連の騒動で、吉本興業の岡本昭彦社長が22日、東京都新宿区内で問題発覚後初めて記者会見を開いた。

この日の岡本社長の会見は、雨上がり決死隊の宮迫博之とロンドンブーツ1号2号の田村亮が20日に行った謝罪会見を受ける形で行われたが、5時間を超える異例のロング会見となった。

とはいえ、その中身は要領を得ないもので、インターネット上にはテレビなどを通じて会見を見た一般視聴者から不満の声があふれ、所属芸人からもSNSなどを通じて批判の声が上がる結果に。

加えて業界内の見方も厳しいようだ。大手芸能事務所の幹部はこう語る。

「宮迫さんや田村さんの謝罪会見と比べると、岡本社長は終始歯切れが悪く、的を射ない回答に終始している印象でした。パワハラ疑惑も浮上している『お前ら全員クビにする力があるんだ』発言についても場を和ませようとする冗談のつもりだったと話していましたが、言い訳としてはかなり苦しい。宮迫さんも田村さんもこれまでお笑いの第一線で活躍してきた芸人です。人並み以上に“空気”を読む力には長けているわけで、冗談か本気かくらいの判別はつくでしょう。会社とタレントのギャラ配分についても『5:5から6:4』などと説明していましたがそんなわけはないですし、実際に複数の所属芸人がSNSで真っ向から反論していますからね」

そのうえで、今回の会見に関してはダウンタウンの松本人志の“動き”が裏目に出たと語る。

「岡本社長からしてみれば、かつて自身がマネジャーを務めて大恩ある松本さんから『会見をしろ』と要求され、居ても立ってもいられず会見を開いたのでしょうが、あまりに準備が不足していた。その結果、自身や会社はさらなる窮地に立たされて、世間の風向きとしては岡本社長やその上の大崎(洋)会長を擁護しようとした松本さんにまで懐疑的な目が向けられるようになっていますからね」(別の大手芸能プロ幹部)

松本にしてみれば、子飼いの後輩の宮迫やかつてのマネジャーの岡本社長、恩人の大崎会長、みんなを守ろうとしたつもりだろうが、ことはそう簡単には進まなかったようだ。

「極楽とんぼの加藤浩次さんが『スッキリ』(日本テレビ系)で涙の訴えをしていましたが、中堅、若手芸人からすると、“ダウンタウン閥”が幹部を占める今の吉本興業内で松本さんは“芸人代表”というよりは“幹部サイド”と見られている。そういう意味では、まだ明石家さんまさんの方が“芸人側”の立ち位置ですからね。今後は松本さんへの批判が高まる可能性もあり、そうなれば松本さんを守る意味でも大崎会長や岡本社長の辞任は避けられないのではないでしょうか」(同・幹部)

今後もまだまだ吉本に激震が走りそうだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
佐野ひなこ、中国人セレブにポイ捨てされた? 水着グラビア復活の深刻事情
水原希子、胸の谷間が丸見え”ひもビキニ”姿に国内外から歓喜の声「世界一綺麗な体」
安藤美姫の顔に変化...?あの“お笑い芸人”にそっくりだと視聴者ざわつく
マツコ・デラックスに逆風! 毒舌キャラのメッキ剥がれて”権力志向”が隠せないまでに
有吉弘行から「顔、変わった?」 指摘されたアイドルが衝撃告白「トンカチであごを...」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加