“最大拠点”モスル奪還へ兵力2万5千人超

“最大拠点”モスル奪還へ兵力2万5千人超

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/10/17
No image

イラク政府は17日、過激派組織「イスラム国」のイラクでの最大拠点、モスルの奪還作戦を始めたと発表した。「イスラム国」をめぐる情勢は重要局面を迎えた。

イラク・アバディ首相「勝利の時が来た。モスルの解放作戦が始まった」

モスルを「イスラム国」から奪還する作戦には、イラク軍のほか、クルド人部隊やアメリカ主導の有志連合なども加わる。対「イスラム国」の作戦としては過去最大規模となる見通しで、AP通信によると2万5000人を超える兵力になるという。

有志連合は「歴史的な作戦に、共に立ち上がることを誇りに思う」との声明を発表した。

モスルは「イスラム国」が2014年6月に制圧したイラクでの最大拠点。陥落すれば「イスラム国」はイラクでの足場をほぼ失うことになる。モスルやその周辺には100万人以上が住んでおり、イラク軍は住民に自宅から出ないよう呼びかけているが、「イスラム国」側が住民を人間の盾にするおそれも指摘されている。

動画の再生はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
中国人悲鳴「現金を引き出せない!!」 世界有数カジノ株、大暴落のワケ
超音速旅行時代の到来。東京・サンフランシスコを4.7時間で結ぶ超音速旅客機が公開される
Australia steps up anti-corruption fight
自らの“お尻”をオークションに出品した20歳女性(ニュージーランド)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加