大鵬の孫・納谷 2連敗から3連勝で勝ち越し王手「あと2番勝つつもりで」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2019/09/18

◇大相撲秋場所10日目(2019年9月17日 両国国技館)

昭和の大横綱、大鵬の孫の幕下・納谷(19=大嶽部屋)は竜勢を突き出し下し勝ち越しに王手に懸けた。

相手が変わり気味にくるところをしっかり見て突いて出る。回転のいい突っ張りで押し込みそのまま押し切った。

「一気に止めるというよりは、いつも通り何回も何回も突っ張っていく感じでした」

これで6日目から3連勝。「最初から落ち込むということはなくて、連勝できているのでいい流れのままいけるのでいいと思います」

残り2番勝つのと4勝の勝ち越しで終わるのとでは番付も違ってくる。「自分を信じてやるだけ。あと2番勝つつもりで頑張ります」と気合いを入れていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
阪神ドリス帰国「ここでやりたい」残留強く願う
【内田雅也の追球】「スポーツ」の野球――阪神・矢野監督が目指すもの
ヤクルト2017年ドラフト1位、村上宗隆。肥後のベーブ・ルースは打って走れる大型捕手(1)/野球太郎ストーリーズ
阪神・ジョンソン、残留明言せずに帰国「まだ来年のことは具体的に決まっていない」
佐々木朗希に西武など9球団が1位も/12球団候補
  • このエントリーをはてなブックマークに追加