最新ランキングをチェックしよう
極めて高速動作可能なコンピューターの実現につながる「超」超格子が生み出される

極めて高速動作可能なコンピューターの実現につながる「超」超格子が生み出される

  • GIGAZINE
  • 更新日:2018/03/13

厚みが原子1個分~数個分しかない極めて薄い結晶格子が複数重ね合わされた「超格子」は、次世代の電子チップ、ひいては超高速動作が可能なコンピューターの実現につながるものとして期待されています。そして今回、その技術をさらに一歩進める研究成果がUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)の研究チームによってもたらされました。
Super ‘superlattices’ could enable ‘supe

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
危険タックル指示「井上コーチ」 高校から宮川選手の「恩師」だった
日大アメフト内田正人前監督「強気会見」の後ろ盾
メーガン妃挙式、キャサリン妃妹のドレスが“緑茶ボトル”に激似と話題!
「審判の笛は聞こえていたか」 日大選手会見、元関学QB有馬隼人の「重い質問」
【日大選手会見3】暴力と言われても...の質問を弁護士が制止

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加