【アート】「視覚の魔術師」エッシャーの大規模展が東京で12年ぶり開催 日本初公開のコレクションが一挙来日

【アート】「視覚の魔術師」エッシャーの大規模展が東京で12年ぶり開催 日本初公開のコレクションが一挙来日

  • ぴあ映画生活
  • 更新日:2018/02/18
No image

「視覚の魔術師」と言われるエッシャーの生誕120年を記念する展覧会『ミラクル エッシャー展』が、6月6日(水)より上野の森美術館にて開催される。

オランダで生まれた版画家のマウリッツ・コルネリス・エッシャー。実際にありそうで現実には存在し得ない風景や、1つの絵の中で重力が異なる世界が存在するなど「ありえない世界」を描いた独創的な作品で知られ、クリエイターだけでなく数学者、建築など様々な分野の専門家たちにインスピレーションを与えてきた。

『ミラクル エッシャー展』では、世界最大級のエッシャーコレクションを擁するイスラエル博物館の所蔵品から代表的なだまし絵作品をはじめ、初期作品や木版、直筆のドローイングなど約150点を展示。版画というメディアに固執し続けたエッシャーの謎について「科学」「聖書」「風景」「人物」「広告」「技法」「反射」「錯視」の8つの観点から迫る。

中でも見どころとなるのが、幅約4メートルに及ぶ大作《メタモルフォーゼII》。《メタモルフォーゼ》シリーズはエッシャーの代表的な構図の原点とも言える作品群で、今回はエッシャー自身による貴重な初版プリントが紹介される。

エッシャーの大規模展が東京で開催されるのは約12年ぶり。また東京展の開催後は大阪、福岡、愛媛を巡回する予定だ。唯一無二の「奇想版画家」エッシャー。その世界観を体感できる見逃せない展覧会になりそうだ。

『生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展 奇想版画家の謎を解く8つの鍵』

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
山下健二郎、平昌五輪は「みんなの応援が大事」深川麻衣は手紙に感動
北野武とイーストウッドの共通点とは?「15時17分、パリ行き」を水道橋博士が語る
中国「打倒ハリウッド」の野望、旧正月が試金石に
ウォール・ストリート・ジャーナル
川口春奈の主演ドラマ、主題歌はスピッツ「スターゲイザー」 予告編で海にダイブ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加