神楽坂でカウンターデート!大人のふたりにちょうどいい名店5選

神楽坂でカウンターデート!大人のふたりにちょうどいい名店5選

  • 東京カレンダー
  • 更新日:2017/11/18
No image

どこか非日常感が漂う神楽坂エリアは、大人のデートにぴったりな街。

しかし神楽坂と言えども、いきなり割烹では敷居が高すぎる。程よく使い勝手がいいカウンターなら、押しすぎず引きすぎない、いい塩梅のデートになるはず!

これから寒くなるこの季節、カウンターでそっと寄り添えば、2人の距離もグッと縮まるはず。

No image

旬な野菜を添えた「和牛の赤ワイン煮込み」※時期などによってメニューの変動あり。

歴史ある雰囲気も魅力『夏目亭』

1970年に麹町の三番町で先代が創業した歴史のあるお店。神楽坂に移っても尚、変わらず愛され続けている。

昔ながらのビストロをテーマに、アラカルトはなんと40種類以上を数える。ブルゴーニュ地方の伝統的な料理をベースにした本格フレンチを今でも追求している。

No image

ペザン彫刻が施された椅子は先代から受け継がれている

店内に並ぶディティールに凝った家具を眺めるのも楽しい。

旬の味覚とワインをしっとりと味わう…‥そんな大人なデートを楽しむなら、神楽坂がぴったりだ。

No image

担々麺。『うずまき』時代からの人気麺。まろやかなスープに辣油がアクセントを加える

人気店から神楽坂へ独立して、益々腕が冴える『エンジン』

地元民もほとんど通らない隠れ路地。その一角にある『ENGINE』は、知る人ぞ知るカウンター中華だ。

中華好きにおなじみの名店である赤坂『うずまき』で長年シェフを務めた松下和昌氏が、2015年2月にオープンした人気店だ。

No image

酢豚。黒酢を使ったまろやかな酸味の酢豚。甘い冬のネギがたっぷり入っている

黒板に並ぶメニューには、冬ならふぐや牡蠣、春には山菜など、和の食材が見て取れ、中華料理にはない季節感を、日本食材を使って表現している。

No image

リラックスできるシェフズカウンター

食材の香りや味を繊細に引き出す料理は、紹興酒はもちろんのこと、ワインや日本酒ともすんなりなじむ。

フレンチやイタリアンより親近感もあり、さらにお洒落で美味しけりゃ、デートの勝率もおのずと上がるというものだ。

この街には多彩なカウンターがそろっている!

No image

瀬戸内外の蔵元から仕入れる日本酒は、東京では飲めない珍しい銘柄も

カウンター7席のみ!日本酒デートなら『ミーサンキッチン』

日本酒好きの彼女とカジュアルデートなら、『ミーサンキッチン(33kitchen)』へ訪れてみて欲しい。飯田橋駅から徒歩12分、閑静な住宅街の中にひっそりと佇むカウンター7席のみの店だ。

ここで楽しむのは、広島出身の店主河野氏が瀬戸内周辺の素材で創り上げる料理と、それに合わせる瀬戸内海の日本酒。

No image

常時変わる日本酒のラインナップに何を飲んでいいかわからないという時は、遠慮せずに河野氏に相談していただきたい。ひとつひとつ丁寧に説明してくれるのはもちろん、その時の料理や好みにピッタリの酒をおススメしてくれる。

選べるお猪口というサービスも女性が喜ぶポイントだ。色々な種類を2人でシェアしながら、自分好みの日本酒を見つけるというのもまた、デートの楽しみだろう。

No image

味付けは醤油のみという「鶏もも肉の醤油から揚げ」。詳しいレシピは企業秘密。

そんな日本酒をついもう一杯と背中を押すのは、絶品料理の数々。とにかく料理がどれも旨い!

一番人気の「鶏もも肉の醤油から揚げ」は、広島の醤油のみで味付けしたシンプルな一品。醤油だけとは思えないほどの旨味と、口に入れた瞬間に広がるジューシーな肉汁!クセになるのも納得だ。

No image

広島の高級食材「広島牛」の味噌漬けを焼いた一品

No image

ガッツリ食べたい時は、「ロース肉のソースかつ」がおススメ

No image

冬季限定「牡蠣飯」

唐揚げと並んで人気なのが、季節によって食材が変わる「土鍋の炊き込みご飯」。

春は筍、夏はトウモロコシ、これからのシーズンは舞茸や牡蠣の炊き込みご飯が楽しめる。サイズも小さめなので、デートの〆にもちょうどいい。

No image

7席のみのアットホームなカウンター

広島県産の牡蠣の出汁をたっぷり使って土鍋で炊いた「牡蠣飯」は、蓋を開けた瞬間の香りがたまらない…!

一粒一粒にまでしっかりと牡蠣のエキスが浸み込んだご飯の上に、ぷりっぷりの牡蠣が贅沢に乗っている。

赤出汁と一緒にいただけばほっこり、彼女も笑顔になること間違いなしだ!

距離つめカウンターはこちら!

No image

塩ダラのサラダや魚介のパエリアは看板メニュー。さらに魚料理と肉料理も入って、フルコースのような充実した内容が味わえる

実力派スパニッシュ『エル ヌエボ』

銀座の『バル デ エスパーニャペロ』で腕を振るった新井隆シェフが独立。2014年12月に、神楽坂通りの地下にレストランをオープン。

何度も現地に赴いた研究熱心な新井シェフは、おなじみのタパスから煮込み料理や米料理、郷土料理まで幅広く手掛け、クラシックからモダン料理まで幅広く楽しめとあって、人気だ。

No image

これぞ距離詰めカウンターだ!

天井が高く、地下とは思えない開放感のある店内は、中央にキッチンがあり、熱気のこもった調理風景も眺められる。グルメな彼女も納得の実力派スパニッシュ、外せない夜に是非。

No image

その長さはなんと6m。今では素材を確保するのも難しいという国産檜一枚板を使用したL字型カウンター。

細部にもおもてなしの心が宿る、『神楽坂 鮨 りん』で特別なひと時を。

料理のクオリティはもちろんのこと、『神楽坂 鮨 りん』にはゆったりと食事を楽しめる心配りがいくつも施されている。

例えば、空間に温かみを与える備前焼の器やさりげない一輪挿し。またカウンターの足元に設けた床暖房設備や、客に直接風を当てない空調など。

こうした細かい部分に宿る「おもてなしの心」によって、私たちは自然と料理に向き合い、濃密な美食体験を味わうことができるのだ。

No image

完全個室(2~6名)

見事なカウンターをはじめ、店内は“神楽坂の隠れ家”とも呼べる落ち着いた雰囲気の空間。

板前との会話も弾む一枚板のカウンターで、粋に愉しむのもよし。また黒基調のモダンなトーンで統一された完全個室(2名~6名用)も完備し、接待などの大切なシーンにも対応。

「ここぞ!」というデートに使いたい、まさに切り札的な店と言えそうだ。

No image

握りコース内の一例

2種類のシャリと玉子が名物。奥行きある鮨の世界を堪能しよう。

ネタの味の濃淡に合わせて酢飯を使い分けるのが『りん』のスタイル。

淡白なネタには白酢、濃厚なネタには赤酢を使用した酢飯で、それぞれの味の違いが楽しめる。

また、ふわふわに仕上げた厚焼き玉子と、旨味の効いただし巻き玉子の2種類の玉子焼きを提供するのも名物で、開店以来根強い人気を誇っている。

No image

名物の厚焼き玉子(手前)とだし巻き玉子

神楽坂の閑静な路地に立つビルの2Fという、落ち着いたロケーションに佇む『神楽坂 鮨 りん』。

圧倒的な存在感を放つカウンターが中心の店内では、じっくりと料理に対峙でき、大切な人との特別な時間を演出してくれるはず。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

お店カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
立川のバー「30人宴会キャンセル、たすけて」 チーフが語る「SOSツイート」の顛末
午前9時から酒が飲める! 酒飲みの聖地・赤羽の「鯉とうなぎのまるます家」が最高すぎた
47都道府県 極上の手みやげリスト ~近畿篇2017~ CREA 2017年12月号
【TDL】コスパ最強! あったかい屋内席で楽しめる2017クリスマス限定スペシャルメニュー3種
辻希美の母のハンバーガー店『Ciel Amour』 開店から数ヶ月後に行った結果...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加