メリル・ストリープ×トム・ハンクス初共演のスピルバーグ監督作、18年3月日本公開決定

メリル・ストリープ×トム・ハンクス初共演のスピルバーグ監督作、18年3月日本公開決定

  • 映画.com
  • 更新日:2017/11/14
No image

スピルバーグ監督作品でストリープ ×ハンクスの共演実現 (C)Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.

当代きっての名優メリル・ストリープトム・ハンクスが、スティーブン・スピルバーグ監督のもとで初共演を果たした社会派ドラマ「The Post」が、「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」の邦題で2018年3月に日本公開されることが決定した。

ミュンヘン」「リンカーン」「ブリッジ・オブ・スパイ」など、シリアスな社会派ドラマを多数手がけてきたスピルバーグ監督が、ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年を舞台に、政府がひた隠す真実を明らかにすべく立ち上がった実在の人物たちを描いた。スピルバーグ監督は、17年1月のドナルド・トランプ米大統領就任から45日後の3月上旬、「今、撮るべき作品」として予定を早めて本作の製作に着手。そんなスピルバーグ監督の呼びかけにこたえ、ストリープとハンクスという2大オスカー俳優の初共演が実現した。

71年、国防省がベトナム戦争に関する経過や客観的な分析を記録し、トップシークレットとなっていた文書、通称「ペンタゴン・ペーパーズ」の存在を、ニューヨーク・タイムズがスクープする。アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたワシントン・ポスト紙のキャサリン・グラハムは、部下で編集主幹のベン・ブラッドリーらとともに、報道の自由を統制し、記事を差し止めようとする政府と戦うため、ライバル紙であるニューヨーク・タイムズと時に争いながら連携し、政府の圧力に屈することなく真実を世に出そうと決断する。

ストリープがグラハム、ハンクスがブラッドリーを演じ、立場を超えた信念や絆、それぞれの思惑や葛藤が幾重にも重なりながら、緊張とスピード感あふれるドラマが展開。国の主役であるはずの国民に真実が伝えられず、何が正しいのかも不明瞭になってきている現代に警鐘を鳴らす作品に仕上がっているという。

脚本には「スポットライト 世紀のスクープ」でアカデミー脚本賞を受賞したジョシュ・シンガーが参加しており、音楽はスピルバーグ作品常連の巨匠ジョン・ウィリアムズが担当。アメリカでは12月22日に限定公開され、18年1月12日から拡大公開。年内の限定公開によりアカデミー賞に向けた賞レースにも名乗りを上げるが、米バラエティやIndieWireといった有名媒体やオスカー予想サイトでも、本年度アカデミー賞のフロントランナーとして注目されている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
エクソシストと現代人のメンヘルとの関係性は? ドキュメンタリー映画『悪魔祓い、聖なる儀式』
「HKT48×48人の映画監督たち」 ゾンビ役に、ストーカー役「難しかった」
11月24日の注目映画第1位は『鋼の錬金術師』
『スター・ウォーズ』7作品、Huluで一挙配信決定!
『ジャスティス・リーグ』ベン・アフレックが語る“クセの強い”チームの魅力
  • このエントリーをはてなブックマークに追加