広島V持ち越し、ビールかけ会場は撤去作業へ

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/18
No image

試合後、祝勝会場から片付けられるビール=マツダスタジアム(撮影・高部洋祐)

「広島4-5ヤクルト」(16日、マツダスタジアム)

リーグ連覇に王手をかけていた広島の優勝は17日以降に持ち越しとなった。試合終了と同時に、マツダスタジアム一塁側コンコース下にあるスペースに設置されたビールかけ会場の撤去作業が開始。大勢のスタッフがビール瓶や紅白幕や特設ステージなどの片付け作業におわれた。

試合は4-4の同点で迎えた八回に3番手・今村が1死満塁のピンチを招くと、奥村に中犠飛を打たれ勝ち越された。1点ビハインドで迎えた九回の攻撃は2死一、三塁まで攻め立てたが、代打・エルドレッドが空振り三振に倒れてVお預けとなった。

この日は雨の影響で、試合時刻を午後2時から午後2時半に遅らせて開始。午前11時頃、雨が降る中、球場が開門すると駆けつけた広島ファンが球場内へ。ほぼ同じタイミングで、甲子園で予定されていた阪神-中日戦の雨天中止が場内アナウンスされていた。

正午に客席への入場が開始されると、ポンチョを着たファンらが席に着き始めた。試合が始まると雨の中、声援を送ったが、この日の本拠地Vの願いは届かなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日立151キロ右腕・鈴木 10球団スカウトの前で6回3失点
【イップスの深層】 給料0円でも、一二三慎太が再び投手に挑むわけ
日ハム中田翔「FA阪神移籍」白紙撤回のピンチ!
日立製作所・鈴木に10球団視察 ロッテ・スカウト「素材は間違いない」
多摩大聖ヶ丘vs実践学園
高校野球ドットコム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加