巨人1位鍬原ら新人即席サイン会「応援が励みに」

巨人1位鍬原ら新人即席サイン会「応援が励みに」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/14
No image

ファンにサインを渡す巨人鍬原(左)(撮影・鈴木みどり)

巨人の新人合同自主トレ第2クールが14日、川崎市内のジャイアンツ球場で終了した。

練習終了後、ドラフト1位の鍬原拓也投手(21=中大)ら新人全16選手が、室内練習場で即席のサイン会を開催。練習を見学していたファン約100人が集まり、約20分ペンを走らせた。

1番人気はドラフト1位の鍬原。常時50人ほどが列をつくった。大学時代はサインを書かず、プロ入りが決まってから大学の野球部員と一緒にサインを考えた。急きょ決まったサイン会にも多くのファンがかけつけ「ファンの方が本当に温かかった。そういった応援が励みになる。列を見る余裕はなかったですが、ありがたいということしかないです」と笑顔で感謝の気持ちを語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
広島1位中村奨成は2軍から 春季キャンプ振り分け
巨人 投手陣に目標値設定 「規定投球回数到達者5人」など4項目
イチロー、日本球界に復帰する“最適球団”は古巣でも地元でもなく...
日本ハム・ドラ1清宮 「右手母指基節骨骨挫傷」打撃練習を1週間制限へ
わずか一球で奪三振...レアすぎる珍記録【プロ野球B級ニュース事件簿】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加