「因果関係確認できず」名古屋市の 子宮頸がんワクチン調査とメディアの曲解

「因果関係確認できず」名古屋市の 子宮頸がんワクチン調査とメディアの曲解

  • WEDGE
  • 更新日:2015/12/18

2013年4月に定期接種となり同年6月には事実上の定期接種停止状態となっていた子宮頸がんワクチンの副反応問題。名古屋市は、市内に住む若い女性約7万人を対象にワクチンの接種群と非接種群におけるワクチンの副反応が疑われる症状の発症状況についての調査を行い、12月14日に結果(速報)を発表した。回答率は43.4%、回答者のうち接種者の割合は69.47%。
Photo.com
年齢で補正した調査結果は、月

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加