【中山新馬戦】トウカイパシオン初陣圧勝 菊川師「強かった」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/01/13

13日の中山4R新馬戦(牝馬限定、ダート1200メートル)は、4番人気トウカイパシオン(菊川、父ヨハネスブルグ)が初陣を飾った。3角前でハナを奪い切ると、そのまま後続を5馬身突き放す圧勝劇。

菊川師は「強かったですね。芝を1回試してみてもいいかもしれない」と話し、江田照も「なるべくテンションを上げないようにやってきて、実戦は上手に走ってくれた」と明るかった。次走は未定。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
葬式でストリップ! 疑似セックスショー!! 中国・農村部の葬儀が“ハレンチすぎる”ワケとは
コタツで居眠りし同僚が死去。注意を呼びかけるツイートが大反響
保阪尚希 腹膜炎で内臓破裂、緊急手術で生還...32歳死の淵、元妻高岡早紀が救急車
ちびまる子、賛同者続出した「永沢くんのド正論」
都心の雪 いつどれくらい 気象予報士・山口津香沙
  • このエントリーをはてなブックマークに追加