最新ランキングをチェックしよう
朝ドラ「エール」の福島弁に議論沸騰!地元民「使っだごどねがっだぞい」他県の視聴者「標準語の字幕つけて」

朝ドラ「エール」の福島弁に議論沸騰!地元民「使っだごどねがっだぞい」他県の視聴者「標準語の字幕つけて」

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2020/04/04

3月30日(2020年)よりスタートしたNHK連続テレビ小説「エール」は昭和の音楽史を代表する福島県出身の作曲家・古関裕而と、妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)をモデルにした夫婦の物語だ。
主人公・古山裕一(窪田正孝)の少年時代を子役の石田星空(いしだ・せら)が演じているが、舞台が福島の老舗呉服問屋とあって福島弁が縦横に飛び交っている。他県の視聴者からは「何を喋っているのかわからん。標準語の字

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Hカップの有村架純・ちとせよしの“超薄ピンク部屋着”が「神過ぎる!」
NEWS手越祐也、芸能活動休止 ジャニーズ事務所が発表 緊急事態宣言中の外出で
松本人志も苦言!?  山田孝之がコロナ禍での沖縄旅行を頑なに謝罪しないワケ
手越祐也“クビ覚悟”の大胆挑発! タッキー体制にあからさまな反旗
坂上忍、生放送でコメンテーターの言葉に絶句 「番組大丈夫なのか!?」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加