最新ランキングをチェックしよう
海水から水素燃料を低コストで抽出できるナノ材料を開発 - UCF

海水から水素燃料を低コストで抽出できるナノ材料を開発 - UCF

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/10/13

セントラルフロリダ大学(UCF)の研究チームは、海水から水素燃料を低コストで取り出すことのできる新規ナノ材料を開発したと発表した。光触媒と二次元系材料の複合材料であり、紫外から近赤外までの幅広い波長の光を利用して、海水から水素を生成できるという。研究論文は、「Energy & Environmental Science」に掲載された。

海水から水素生成を行うことは、水の電気分解に必要な電

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
NASA、太陽系同様の惑星系を発見 ケプラー望遠鏡の観測データからGoogleのAIが分析
結局「子宮頸がんワクチン」は接種すべきか?生物学者の見解は
木曜深夜にNASAが超重大・緊急発表!! 「ケプラー宇宙望遠鏡」が宇宙人のメッセージ受信、AIが解読成功の歴史的快挙か!?
「オウムアムア」は宇宙人の探査機?ホーキング博士率いるグループが調査
世界初 割れてもくっつくガラス、東大グループが開発
  • このエントリーをはてなブックマークに追加