釣りが10倍楽しくなるおもしろドローン3選

釣りが10倍楽しくなるおもしろドローン3選

  • @DIME
  • 更新日:2018/01/12

米連邦航空局の予測によれば、およそ5年後には商用ドローンの普及機数は10倍の規模にまで膨れ上がるという。こうした商用ドローン・ブームの陰に隠れがちだが、ホビー用ドローンの世界でも、なかなか面白い商品が開発されている。今回は、その中でも釣りに特化したドローンを紹介したい。

●『フィッシングマスター』(Fishing Master)

No image

((C)TTRobotix)

釣好きなら1回は、向かい風で投げ釣りをしたときに、「ド1ローンで釣り糸を沖合まで運べたら…」と妄想したことがあるはず。これを実現したのが、台湾のドローン開発企業であるTTRobotix社の『フィッシングマスター』である。

これは内蔵する「仕掛け展開システム」によって、ルアーでも生餌でも700gまでの仕掛けならなんでもドローンに引っ掛けておくことができ、ねらったポイントまでドローンを飛ばして、水面に落とすことができる。ドローンの行動半径は1kmもあり、通常であれば船を使わないと行けない距離までも、砂浜にいながら釣り糸を垂らせるという、夢のようなマシンである。現在、台湾と北米でのみの販売となっており、日本総代理店のTTRobotix JAPANでの取り扱いはないが、将来的に日本での販売もありうる。

●『アクアドローン』(AguaDrone)

No image

((C)TAguaDrone. LLC)

単に仕掛けを沖へ運ぶだけでなく、オプション装置を加えることで、様々な機能を付与できる上級者向けが、米国のAguaDrone社が開発・販売する『アクアドローン』。629ドルのドローン本体は防水仕様となっており、水面に着水させることも、水面から発進させることもできる優れもの。別売りの『Find Pod』を取り付けることで、魚影探知や水温計測ができるし、『Film Pod』を取り付ければ、水面下の映像を内蔵のマイクロSDカードに記録することができる。その他のオプションも買い揃えれば1500ドルに達してしまうが、パーフェクトな釣りライフが満喫できること請け合い。

『アクアドローン』は2017年6月の発売で、現在は公式サイトで予約注文を受け付けている段階。日本へ発送できるかどうかは、事前にメールで確認するとよいだろう。

●『パワーレイ』(PowerRay)

No image

イギリスのドローン開発会社PowerVision社が、今年新たに投入する画期的なフィッシング支援ドローンが『パワーレイ』である。これは流線形が美しい水中ドローンで、4Kビデオカメラで水中の魚影を確認しながら、釣りのポイントを探索できる。チョウチンアンコウを連想させる「柄」の先端に釣り糸を引っ掛けておき、集魚効果のあるLEDライトによって魚をおびき寄せるというカラクリになっている。獲物がエサに食いつくと、釣り糸はドローンから離れ、その後の作業は、釣り人が引き受ける。

正式な発売日・価格ともに未定だが、アジア圏での販売も予定しているという。日本も販売地域に含まれているかは、3月の時点では不明である。

文/鈴木拓也

老舗翻訳会社の役員をスピンオフして、フリーライター兼ボードゲーム制作者に。英語圏のトレンドやプロダクトを紹介するのが得意。

※記事内のデータ等については取材時のものです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ZOZOスーツ「送料返金」で不安広がる 「注文キャンセルなの?」、会社に聞いた
「グノシー動画自動再生機能」の設定方法について
プレゼンからライブまで!超小型&高性能なボーズのポータブルPAスピーカー「S1 Pro」が発売
取材ライター必見?500Dコーデュラナイロンを使用した軽くてタフなバッグが登場!
家のコンセントにUSBが付いてたらいいのになー、が叶う埋め込み式USBコンセント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加