武藤嘉紀が先制点奪うも逆転敗け...フランクフルトは勝ち点1分け合う/ブンデス第18節

武藤嘉紀が先制点奪うも逆転敗け...フランクフルトは勝ち点1分け合う/ブンデス第18節

  • サッカーキング
  • 更新日:2018/01/14
No image

ブンデスリーガ第18節が各地で行われた [写真]=Getty Images

ブンデスリーガ第18節が13日にドイツ各地で行われた。

武藤嘉紀が所属するマインツはハノーファーと対戦した。先発出場した武藤は27分、左サイドからのクロスに反応すると、股抜きシュートを突き刺し幸先よく先制した。その後1点を加え勢いに乗るマインツだったが、ニクラス・フュルクルクに立て続けに3ゴールを奪われ、逆転で敗北。武藤は81分までプレーしている。

長谷部誠と鎌田大地が所属するフランクフルトは、ホームでフライブルクを迎え撃った。28分、セバスティアン・ハラーのゴールでリードを奪ったフランクフルトは、後半開始早々にロビン・コッホに同点弾を許すと、そのままゴールを奪えず試合終了。勝ち点1を分け合っている。なお、長谷部は先発フル出場し、鎌田は出番なしとなった。

【ブンデスリーガ第18節】
ブレーメン 1-1 ホッフェンハイム
フランクフルト 1-1 フライブルク
アウグスブルク 1-0 ハンブルガーSV
ハノーファー 3-2 マインツ
シュトゥットガルト 1-0 ヘルタ・ベルリン

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大金を稼いだのに破産...米スポーツ選手の“異常”な金銭感覚
「シバサキの創造性が最大の脅威」マラガ戦活躍の柴崎岳を国内外のメディアが激賞
暴行レフェリー 許しを乞う
「裏切り者!」「守銭奴!」...サポーターの憎しみ生んだ“禁断の移籍”
DFBポカールの日程発表...日本人所属クラブ対決は2月7日に開催
  • このエントリーをはてなブックマークに追加