あなどれないブラッシングの効果!ヘアブラシを正しく使って髪を健康に

あなどれないブラッシングの効果!ヘアブラシを正しく使って髪を健康に

  • HAIR
  • 更新日:2017/09/17

ブラッシングにはどんな効果があるの?

髪のダメージが減る

No image

ブラッシングの効果としてまずあげられるのは、髪同士が絡まることで起こる摩擦による髪へのダメージを減らすことが挙げられます。

スタイリングしやすくなる!

No image

次に、ブラッシングの効果として挙げられるのは、スタイリングがしやすくなることです。
ブラッシングによって髪をボリュームアップしたり逆にボリュームダウンすることもできますよね。

ダメージを受けた髪に優しい

No image

さらに、ブラッシングをすることによって髪に付着した汚れやほこり、抜けている髪や抜けやすくなっているダメージを受けた髪を取り除くことができます。

ブラッシングはいつするべき?

朝のスタイリング前!

No image

ブラッシングするタイミングとしては、まず朝、髪をスタイリングする前です。
寝ていた時に絡まってしまう髪をほぐし、スタイリングしやすい状態にリセットします。

シャンプー前に!

No image

意外かもしれませんが、シャンプーする前にもブラッシングすることをおすすめします。
スタイリング剤をつけているなら一旦洗い流してからブラッシングしましょう。
頭皮の汚れが浮き上がるというメリットもあります。

寝る前も効果的!

No image

ドライヤーの際にも当然ブラッシングしますが、夜寝る前にブラッシングすると、頭皮の血行が良くなったり、髪の絡まりを解いて寝癖をつきにくくすることができます。

ブラッシングする時の注意点は?

絡まりを手で解いてから

No image

一度ブラシを髪に入れてみてひっかかるようなら、ブラシで無理やり髪をとかすのではなく、手である程度絡まった髪を解いてからブラッシングしましょう。

静電気を起こさない

No image

静電気は髪にとって最も避けたいダメージのひとつです。
静電気を起こさないためには、天然の毛ブラシを使う、静電気を起こさないブラシを使うなどブラシを選ぶ必要があります。

正しいヘアブラシの洗い方とは?

コームを使って

No image

抜けた髪が絡まったヘアブラシを使っていると見た目も衛生面からも良くありません。
ヘアブラシも定期的なケアが必要になります。
まずはコームを使ってブラシの根元に絡みついた髪の毛を取り除きます。

シャンプーで洗う

No image

絡みついていた大体の髪の毛をコームで取り除いたら、ブラシ自体をシャンプーで洗います。
プラスチック製のブラシであれ、天然の毛ブラシであれ、シャンプーで洗えばケアの方法としては間違いないからです。

ブラシ部分を下にして乾燥

No image

洗ったブラシを乾燥させるときは、風通しのいい場所に陰干しします。
どんな素材で作られているブラシであれ、紫外線に当たると劣化してしまうため、日光に当てるのは避けましょう。

ブラッシングの仕方で髪は変わる

ブラッシングの仕方ひとつで、髪は美しくもなり、またダメージを受けることになります。
正しいブラッシングの方法を使って、ヘアケアをすることでそこまでコストをかけずに美髪が手に入るかもしれませんよ。
やって損することはありません。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ビューティーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
究極のお腹やせには、カルビ体操&ハラミ体操・ウォーキング
頭皮マッサージで口角があがる?
悩みに合わせて選べる! カラーバリエが豊富な2017年秋の新作コンシーラー
【医師監修】「むくみ」の放置は厳禁! 病気が原因の可能性も!?
女性が選ぶ健康・美容によい成分、認知度トップは美肌にいいと言われる○○○
  • このエントリーをはてなブックマークに追加