患者2人中毒死、トラブル対応検証で第三者委設置

患者2人中毒死、トラブル対応検証で第三者委設置

  • TBS News i
  • 更新日:2016/12/01
No image

横浜市の病院で男性患者2人が中毒死した事件をめぐって、市は、事件前に病院のトラブルに関する情報を受けた際の対応などに問題がなかったかを検証する第三者委員会を設置しました。

この事件は、横浜市の大口病院で男性患者2人が界面活性剤による中毒で死亡したもので、市は、事件前に病院に関するトラブルの情報を受けた際の対応などに問題がなかったかを検証する第三者委員会を設置しました。

市には、今年7月以降、病院内のトラブルに関する情報メールが複数回、届いていましたが、事件前に実施した定期立ち入り検査で詳細を確認せず、具体的な対策も講じていませんでした。

第三者委員会は、「今回の事件は医療安全に関わる大きな事案」とした上で、今後、市や病院の担当者への聴き取りを行い、来年3月までに報告書をまとめる方針です。(01日02:39)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
病院で男が女性看護師を刺す 岩手・大船渡市
2歳女児 一夜明け無事保護「よかったよかった」
踏切で一時停止した車にトラック運転手が激高、鈍器でドアガラスを殴る動画が拡散中 会社側は非を認めて謝罪
千葉大「かなり重い処分になる」集団強姦
アマゾン倉庫ロボット公開 商品棚が自動で右に左に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加