5月27日の注目映画第1位は『空母いぶき』

5月27日の注目映画第1位は『空母いぶき』

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2019/05/27
No image

『空母いぶき』(C) かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ

5月27日に映画サイト「シネマトゥデイ」でアクセスの多かった注目映画ベスト10です。

第1位『空母いぶき』(5月24日公開)

(C) かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ

「沈黙の艦隊」「ジパング」などのかわぐちかいじのコミックを原作にしたミリタリーサスペンス。波留間群島の一部占領を受け、現場に向かう航空機搭載護衛艦の乗組員の運命を多角的に映し出す。監督は『沈まぬ太陽』などの若松節朗。『MOZU』シリーズなどの西島秀俊、『超高速!参勤交代』シリーズなどの佐々木蔵之介らが出演。日本の置かれている状況を反映したドラマに引き込まれる。

第2位『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(5月31日公開)

No image

(C) 2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.

『GODZILLA ゴジラ』『キングコング:髑髏島の巨神』に続く、“モンスター・ヴァース”シリーズの第3弾。ゴジラをはじめとする怪獣たちと、それに相対する人類を活写する。メガホンを取るのは『スーパーマン リターンズ』などで脚本を担当したマイケル・ドハティ。ドラマシリーズ「ブラッドライン」などのカイル・チャンドラー、『マイレージ、マイライフ』などのヴェラ・ファーミガ、『シェイプ・オブ・ウォーター』などのサリー・ホーキンス、『沈まぬ太陽』などの渡辺謙らが出演する。

第3位『パラレルワールド・ラブストーリー』(5月31日公開)

No image

(C) 2019「パラレルワールド・ラブストーリー」製作委員会 (C) 東野圭吾/講談社

多くの著書が映像化されてきた作家・東野圭吾の原作を、玉森裕太、吉岡里帆、染谷将太らの共演で描くミステリー。主人公と恋人が幸せな日々を送る世界と、恋人が主人公の親友と交際している世界が並行する物語を描き出す。二つの世界で翻弄(ほんろう)される青年を玉森が演じ、恋人に吉岡、親友に染谷がふんする。監督を務めるのは『宇宙兄弟』『聖の青春』などの森義隆。

第4位『キングダム』(4月19日公開)

No image

(C) 原泰久/集英社 (C) 2019映画「キングダム」製作委員会

原泰久のベストセラーコミックを原作にした歴史ドラマ。中国の春秋戦国時代を舞台に、大将軍を夢見る少年と、中華統一をもくろむ若い王の運命を映す。メガホンを取るのは『GANTZ』『図書館戦争』シリーズなどの佐藤信介。『斉木楠雄のΨ難』などの山崎賢人、『あのコの、トリコ。』などの吉沢亮、『50回目のファーストキス』などの長澤まさみ、『銀魂』シリーズなどの橋本環奈をはじめ、本郷奏多、満島真之介、石橋蓮司、大沢たかおらが共演を果たした。

第5位『アラジン』(6月7日公開)

No image

(C) 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

アニメ『アラジン』を実写化したファンタジー。青年アラジンと王女ジャスミンの身分違いの恋と、魔法のランプに関わる冒険が描かれる。監督は『シャーロック・ホームズ』シリーズなどのガイ・リッチー。メナ・マスードがアラジン、『パワーレンジャー』などのナオミ・スコットがジャスミン、『メン・イン・ブラック』シリーズや『幸せのちから』などのウィル・スミスがランプの魔人を演じる。

第6位『コンフィデンスマンJP』(5月17日公開)

No image

(C) 2019「コンフィデンスマンJP」製作委員会

2018年に放映されたドラマ「コンフィデンスマンJP」の劇場版。信用詐欺師たちが日本を飛び出し、香港で一世一代の大仕事に挑む。監督はドラマ版の演出を務めた田中亮。キャストに『散歩する侵略者』などの長澤まさみ、『寝ても覚めても』などの東出昌大、『不灯港』などの小手伸也、『サバイバルファミリー』などの小日向文世とおなじみのメンバーが結集する。

第7位『貞子』(5月24日公開)

No image

(C) 2019「貞子」製作委員会

鈴木光司のベストセラー小説「リング」シリーズの一つ「タイド」を原作にしたホラー。記憶を失ってしまった少女と向き合う心理カウンセラーの女性が怪現象に見舞われる。メガホンを取るのは、『リング』シリーズや『スマホを落としただけなのに』などの中田秀夫。『映画 みんな!エスパーだよ!』『一礼して、キス』などの池田エライザがヒロインを演じる。

第8位『この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』(8月30日公開)

No image

(C) 2019 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/映画このすば製作委員会

第9位『アナと世界の終わり』(5月31日公開)

No image

(C) 2017 ANNA AND THE APOCALYPSE LTD.

シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭などで上映された異色のゾンビホラー。田舎町を舞台に、校舎に取り残された仲間をゾンビから救おうとする女子高校生たちをミュージカル形式で活写する。監督は短編などを手掛けてきたジョン・マクフェイル。『スティールワールド』などのエラ・ハントを筆頭に、マルコム・カミング、セーラ・スワイアらが出演した。凄惨(せいさん)な描写とミュージカルシーンを融合させている。

第10位『映画版 ふたりエッチ ~ダブル・ラブ~』(5月10日公開)

No image

(C) 2019克・亜樹/白泉社・AMGエンタテインメント

克・亜樹の人気漫画を原作にした、グラビアアイドルの青山ひかるが主演の官能ラブコメディー。童貞と処女のままで結婚した夫婦に、思わぬ事態が待ち受ける。監督の近藤俊明らスタッフ、キャストの青山をはじめ佐々木道成、吉田早紀、大島正華、相良朱音ら前作の面々がそろい、澤井まどか、武藤令子らが新たに出演した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ホラー映画の金字塔『ゾンビ』 幻の“日本公開版”を蘇らせるクラウドファンディング実施 主演俳優来日のチャンスも[ホラー通信]
【オリコン上半期】『ボヘミアン・ラプソディ』が上半期BD1位 洋画が2年連続制覇
あの大女優たちが「ヌード」になった理由
アクションで語る男 岡田准一
6月18日の注目映画第1位は『永遠に僕のもの』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加