最新ランキングをチェックしよう
人間はどの程度の風速に耐えられるのか?顔面に時速735kmの爆風をあてるという人体実験(アメリカ)

人間はどの程度の風速に耐えられるのか?顔面に時速735kmの爆風をあてるという人体実験(アメリカ)

  • カラパイア
  • 更新日:2019/10/23

第二次世界大戦直後の1946年、人間はいったいどれぐらいの風速に耐えられるのかという人体実験が行われた。実はこの年代まで、ジェット機が急減速したり、パイロットが緊急脱出したりしたとき、人体にどんな影響があるか正確に分かっていなかったのだ。
 そこで当時の研究者は、NASAの最古の研究施設「ラングレー研究所」にて無謀なる実験を行った。生きた人間の顔面に時速735kmもの風を叩きこむというものだ。

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
『カルディ』で提供中止中の試飲コーヒー その秘密に「知らなかった」
河野防衛大臣、ブルーインパルス飛行費用は「約360万円」批判メールに詳細説明
100年以上謎だった「なぜ全身麻酔で人は意識を失うのか」がようやく解明へ
上白石萌音「字が綺麗すぎる」と話題の手書きメッセージに“優しい心遣い”
榮倉奈々“激ヤセ”した姿に心配の声「一瞬誰かと」「もっと食べて!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加