クラウディアン、米SkymidとAI向けデータ管理ソリューション-深層学習活用

クラウディアン、米SkymidとAI向けデータ管理ソリューション-深層学習活用

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/09/15
No image

クラウディアンは9月15日、米Cloudianが人工知能(AI)および機械学習開発に必要となる膨大なデータ管理ソリューションのために、オープンソースのオープンソースの分散型ディープラーニング(深層学習)ライブラリ「Deeplearning4j(以下、DL4J)」の商業的サポートを手がける米Skymindと提携することを発表した。

両社は、今回の提携によりエンタープライズ品質のAI/機械学習ソリューションを共同開発を行う。Skymindは、JavaやScalaで書かれた商用グレードでDL4Jの商業的サポートを行っており、膨大なデータの中にあるパターンを認識し、実用的なインテリジェンスを提供するという。

一方、クラウディアンは同社が開発・提供するスケールアウト型のオブジェクトストレージ製品「CLOUDIAN HYPERSTORE」を活用し、ディープラーニングのトレーニングに使う膨大なデータを経済的に処理・保存でき、拡張可能なストレージシステムをオンプレミスのデータセンターに提供する。

最初の連携ソリューションは、ネットワーク攻撃の可能性を識別するセキュリティ監視ツール。同ソリューションはパターン認識を使用し、疑わしいネットワークトラフィックを特定し、ユーザーは攻撃の発信元と宛先の両方を見ることを可能とし、対策を講じることができるという。クラウディアンは、トレーニング環境、アルゴリズム開発および継続的なアップグレードを可能にする大量の非構造化データの管理を行う。

今後、両社のソリューションは特にヘルスケア、金融サービスの詐欺検出、セキュリティ、ロボットなどの業界における活用を期待しているという。なお、同社はこのほどホームページのドメインをcloudian.jpからcloudian.com/jp/に変更している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
高耐久がウリのSanDisk製2.5インチSSDがオリオスペックで販売中
10月発売のPC「CORSAIR ONE」をTGSで先行展示
メカニカルで低背なキーボードを衝動買いしたら、20年近く使ったキーボードから乗り換えていいと思った件
ドコモ、iPhone8向けに最大40,000円分のポイント還元プログラム開始
iOS 11では「計算機」のデザインが大幅変更!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加