監督が前立腺がんを緊急告白

監督が前立腺がんを緊急告白

  • スポルト
  • 更新日:2017/11/23
No image

前立腺がんを患っているエドゥアルド・ベリッソ

22日水曜日、セビージャはアルゼンチン人監督エドゥアルド・ベリッソの健康状態について公式声明を出し、彼が前立腺がんを患っている事を明かした。

セビージャは昨夜に『Cadena Ser』やセビージャの他のメディアが先駆けて報じていた同情報を今朝、公に認めた。
そして現在、ベリッソは自身が行う必要のある治療法によって一時的にセビージャのベンチを離れるかどうか判断しなければならない。

これはセビージャの医療部門から出されたエドゥアルド・ベリッソについての公式声明である。

「セビージャFCの医療部門はトップチームの監督、エドゥアルド・ベリッソが前立腺がんという診断を受けた事を発表します。今後の検査によって彼の治療法について判断が下される事になります。現在、セビージャFCはエドゥアルド・ベリッソに最大級のサポートを示し、彼の早期の回復を願っています。」

エドゥアルド・ベリッソはこの事を昨夜のチャンピオンズリーグのリヴァプール戦のハーフタイム中に選手達に伝えていた。
その試合でセビージャの選手達はスコアボード0-3のビハインドから同点に追いつき、勝ち点1を獲得している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
レアルがアルジャジーラに大苦戦 先制許し、あわや2失点目も...C・ロナウド&ベイル弾で逆転勝利
レアル、C・ロナウド&ベイル弾で世界一に王手。開催国王者に大苦戦もなんとか逆転
【クラブW杯】R・マドリーがアルジャジーラにまさかの大苦戦。辛うじて決勝進出を決めたが...
CWC準決勝、アルジャジーラがレアルに先制する波乱の幕開け! 前半1-0で折り返す
メッシ&C・ロナウドの両方とチームメイトである幸運をセメドが語る。「僕は恵まれている」

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加