「エイズの世界へようこそ......」人気動画配信者が再生数稼ぎにHIVばらまきセックス!?

「エイズの世界へようこそ......」人気動画配信者が再生数稼ぎにHIVばらまきセックス!?

  • 日刊サイゾー
  • 更新日:2019/03/13
No image

昨年、中国ではHIV感染者・エイズ患者数が約85万人となり、毎年約10万人ずつ増えているといわれている。そんななか、人々が抱くHIV感染への不安を利用して再生回数を獲得しようとした動画配信者の女が、当局に逮捕された。

台湾メディア「ETtoday」(3月5日付)によると、逮捕されたのは人気動画配信者として知られる21歳の女だ。問題の動画では、ホテルの一室でバスローブ姿の彼女がベッドの上に座り、「(たった今)6人の男とセックスした」と笑いながら話している。

さらに女は、この動画とともに「みんなおめでとう! エイズに感染しちゃったね!」という書き込みを投稿したのだった。

自らがエイズに感染していることを知りながら、複数の男性たちと性的関係を持ったと主張する女に対し、ネットユーザーから非難のコメントが殺到。警察当局に通報した者もいたようで、武漢市江漢区公安局が捜査に乗り出す事態へと発展した。

そして今月3日、公安局は動画の作成や編集に関わっていた2名と、動画配信者の女の身柄を押さえ、取り調べを行っていることを発表した。取り調べに対し、女は「エイズに感染しているというのはウソで、動画の再生回数を稼ぐためにやった」などと供述しているという。

中国では、正真正銘のHIVばらまきセックス騒動も起きている。昨年11月、北京在住の男性が、自らがHIVに感染していることを知りながら、40人以上の女性と性的関係を持ち、故意に感染させようとしていたことが判明。地元当局は傷害罪の容疑で、この男を逮捕している。

「エイズの世界へようこそ」は、中国では単なる都市伝説ではないのだ。

(文=青山大樹)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
世界の都市人口1位は東京、ではこの500年でTOP10はどう変わったのか...わかりやすいグラフ
先進国・日本と発展途上国・中国の差を感じずにはいられない、3つの点=中国メディア
この2つのモノを見れば、日本人がいかに桜を愛しているかが分かる!=中国メディア
中国から地下鉄車両を購入したインド、インド国民はどう思ってる?=中国メディア
SNSで日本バッシング止まらず、厚生労働省キャリア官僚 韓国金浦空港での暴言・暴行!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加