「ネイマールの移籍はステップダウン」 怪物ロナウド、自身の“史上最高額”移籍との違いを強調

「ネイマールの移籍はステップダウン」 怪物ロナウド、自身の“史上最高額”移籍との違いを強調

  • Football ZONE web
  • 更新日:2018/01/13
No image

ともにバルサから当時の史上最高額で移籍も「私のインテル行きとは根本的に違う」

ブラジル代表のエースとして2002年日韓ワールドカップ(W杯)優勝に導いた“元祖怪物”ロナウドが、現ブラジル代表FWネイマールのパリ・サンジェルマン(PSG)行きについて「私のインテル行きとは根本的に違う」と意見を語っている。イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が報じた。

ネイマールは今季開幕前に、バルセロナからPSGへ2億2200万ユーロ(約290億円)という、移籍金史上最高となる驚異的な金額で移籍した。かつてロナウドもバルセロナで活躍し、1997年には当時の史上最高額となる1900万ポンド(約29億円)で新天地を求めている。

20年間で“史上最高額”が10倍に跳ね上がっていることには隔世の感があるが、ロナウドは「私がインテルに移籍した時は、セリエAは世界で最も競争力の高いリーグだった」と、ステップアップになる移籍だと力説し、ネイマールのものはそうではないと語った。

「ネイマールのPSGへの移籍は、キャリアを振り返ってみればステップダウンしたものということになる。私のインテル行きとは根本的に違う」

“ビッグ7”が鎬を削るセリエAに挑戦

当時のイタリアは、ユベントスにイタリア代表FWアレッサンドロ・デル・ピエロ、フランス代表MFジネディーヌ・ジダンなどが所属してリーグ優勝争いの中心となり、ACミランとインテルのミラノ勢、ローマとラツィオの首都2クラブ、パルマ、フィオレンティーナといった“ビッグ7”と呼ばれるクラブが、ハイレベルで熾烈な覇権争いをしていた。世界最高の選手たちが集まる「最強リーグ」として名を馳せていた。

名門バルセロナを後にしたという共通点はあるにしても、当時のインテル行きと現在のPSG行きを同列に並べられることについて、ロナウドは納得のいかない思いを吐露していた。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
斎藤学、移籍批判にSNSで思いつづる「ひとつだけ言わせてもらいたい」
ヘディング弾の香川真司を現地メディアは高めの評価。「効果的ではなかったが...」
酒井宏が3戦連続で左SBフル出場、マルセイユは公式戦4戦連続完封&5連勝
最も影響力のあるランジェリーモデル
「ジョーの名古屋移籍の真実」。移籍金は当初報じられた15億円ではなく...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加