西武岡田の顔にボール直撃、唇3針縫う/今日の一番

西武岡田の顔にボール直撃、唇3針縫う/今日の一番

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/02/13
No image

顔面をタオルで押さえながら立ち上がる西武岡田(右)(撮影・古川真弥)

<今日の一番>

西武でこの日、一番痛い思いをしたのは、間違いなく岡田雅利捕手(28)だ。

シートノックの際、外野からの返球が一塁方向にそれた。岡田はすかさず捕りに行ったが、ボールがバウンドして顔面を直撃。すぐにトレーナーやコーチが駆け寄るも、しばらくの間、その場でうずくまった。

球団によると、練習を切り上げ、宮崎・日南市内の病院に向かった。上唇が切れており、3針、縫ったという。大事に至らないことを願うばかりだ。【西武担当 古川真弥】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
DAZN参入で「解約者続出」のスカパー、どう生き残る?
オリックス・宗センター争い参戦!福良監督が外野転向指令
小平奈緒の“つくりおき料理”がすごい!金メダルボディの秘訣
天国と地獄を見たプロ10年 オリックス伊藤が激白「捕手としていたい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加