坂本花織ミス重なり4位に涙「笑顔で終われんのぉ」

坂本花織ミス重なり4位に涙「笑顔で終われんのぉ」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/17
No image

坂本花織

<フィギュアスケート:USインターナショナルクラシック>◇第3日◇16日◇米国・ソルトレークシティー◇女子フリーほか

SP5位の坂本花織(17=神戸FSC)は、フリーでジャンプミスが重なり、112・30点にとどまり、合計169・12点で4位となった。

フリーは、映画「アメリ」の曲。新調したオリーブグリーンの衣装で、途中までは順調に演じたが、中盤の3回転ルッツが詰まって2回転になると、そこから調子が崩れていった。試合後は「なかなか笑顔で終われんのぉ…」と、おどけながら涙をこぼした。次戦は全日本選手権への出場権がかかる近畿選手権(10月6日開幕、兵庫)。その後はシニアでのグランプリ(GP)シリーズデビュー戦となるロシア杯(20日開幕、モスクワ)が待つ。「どちらも大事な試合。同じ失敗をしないよう、これだけ練習したから大丈夫、という状態にして臨みたい」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
本田真凜、シニアデビュー戦で示した“進化” 表現力で高評価並ぶ
オリンピックシーズン開幕!注目選手を総ざらい【シニア女子・前編】
羽生結弦、五輪連覇への新演技 9・24特番内で放送決定
羽生結弦、五輪連覇に向けた新演技を『神様に選ばれた試合』で世界初披露
  • このエントリーをはてなブックマークに追加