英雄ブッフォンに続き、06年優勝メンバーが次々と代表引退 大国イタリアは転換期へ

英雄ブッフォンに続き、06年優勝メンバーが次々と代表引退 大国イタリアは転換期へ

  • Football ZONE web
  • 更新日:2017/11/14
No image

衝撃の予選敗退決定後、デ・ロッシとバルザーリが代表引退を発表

イタリア代表はロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフでスウェーデン代表に敗れ、60年ぶりに本大会出場を逃した。大ベテランのGKジャンルイジ・ブッフォン(ユベントス)に続き、MFダニエレ・デ・ロッシ(ローマ)とDFアンドレア・バルザーリ(ユベントス)も代表引退を発表した。

デ・ロッシは、所属クラブであるローマの公式サイトを通じて声明を発表。「誰かが亡くなったわけではないが、お葬式のような雰囲気」と敗退のショックを語り、「人生とキャリアを懸けた道だった。このシャツを着るのが最後だと考えるのは辛いこと。しかし、僕の(イタリア代表としての)冒険は終わった」と代表キャリアに幕を閉じることを決断した。

デ・ロッシはW杯と欧州選手権にそれぞれ3度ずつ出場。2006年ドイツW杯ではグループステージ第2戦で退場し、4試合出場停止処分を受けながらも決勝のフランス戦で復帰。PK戦キッカーとしてきっちり成功押させ、優勝メンバーの一人となった。イタリア代表では歴代4位の通算117試合出場という偉大な記録を残した。

また、伊紙「トゥットスポルト」は、長年最終ラインを支えたバルザーリも代表引退を表明したことを報じた。同じく06年W杯優勝メンバーの36歳は、この衝撃の敗退を「フットボール人生最大の失望」と表現している。

スウェーデン戦後に涙のインタビューに応じたブッフォンに続いて、デ・ロッシとバルザーリの代表引退。ジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督も退任となることは確実と、混迷のサッカー大国イタリアは大きな転換期を迎えることになりそうだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
高徳が選ぶ代表ベスト11...直近招集外の“ビッグ3”からは2人を選出
メッシが先発外れたバルサ、ユーベとスコアレスも14季連続ベスト16進出(16枚)
ケルン、アーセナルの攻勢を耐え忍んで大金星! EL連勝で勝ち抜けの可能性も膨らむ
10歳ボールボーイに暴行の衝撃...乱闘勃発 世界で波紋「醜悪」「言い訳無用のタックル」
「マンチーニは偉大じゃない」と元マンC選手が酷評。「彼のためにプレーする選手は皆無だ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加