ソフトB工藤監督 申告制の影響少ない、ヤクルト中村は手探り

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/01/12

◇プロ、アマ合同野球規則委員会(2018年1月11日)

ソフトバンクの工藤監督は敬遠四球の申告制について「影響は少ないんじゃないかな」と語った。監督として、投手には打者を故意に歩かせる際にも捕手を座らせて投球させてきた。「4球を投げる間に作戦を考えたりというのはあった。それが遅れる可能性はあるかもしれない」と言葉を続けた。

昨季、敬遠球が暴投となって決勝点を与えた経験があるヤクルトの捕手・中村は「そこまで(変わる)とは思わないけど、どうなるか」と手探りで臨む構えだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本ハム清宮、右手親指の負傷「大したことない」
【MLB】エンゼルス大谷翔平、米野球専門誌が選ぶ若手有望株トップ100で堂々の2位
競泳選手らの授業も 五輪マスコット締切まで1カ月
新日本プロレス・棚橋弘至が大雪の日に上半身裸で路上ツイート! 「服着ましょう」「風邪ひかないで」
DeNAラミレス監督が日本国籍取得へ、既に申請中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加