「孤高の地底人」木村拓哉がモグラスーツで土の中を掘り進む オープンハウス新TV-CF『地底人現る 登場』篇の放送が決定

「孤高の地底人」木村拓哉がモグラスーツで土の中を掘り進む オープンハウス新TV-CF『地底人現る 登場』篇の放送が決定

  • SPICE
  • 更新日:2023/01/27
No image

木村拓哉が出演するオープンハウスの新TV-CF『地底人現る 登場』篇が1月26日(木)から放送されることがわかった。

不動産グループ・オープンハウスの新TV-CFシリーズ『地底人』篇では、木村が地中奥深くに暮らし、好奇心旺盛で冒険好きの地底人を演じている。CFでは、木村演じる地底人が、来る日も来る日も地中を掘り進み、周囲が止めようとするのを押し切って、未開の地(=地上)を目指す。ついに地上へと辿り着き、目の当たりにしたのは、日当たりがよく、ミネラルたっぷりの「便利地、好立地」。木村地底人が感動の声を上げるところから物語が始まる。TV-CFシリーズでは、地底人が地上人(女子高校生)との出会いや交流を通し、「家や土地に対する考え方に気付きを与えてくれる」ストーリーが展開。地底人の目線で「じゅうぶん、幸福って?」と、地上人に問いかける。

木村は、全身カーキ色の毛で覆われたモグラスーツを着用し、手には土を掘るための大きな金属製の爪が付いたグローブをはめ、撮影に臨んだ。TV-CF冒頭のシーンでは、木村が実際に頭上に敷き詰められた土をかき分けながら登場している。

撮影は、スタジオ内に造られたセットの中で敢行。本物の土が敷き詰められた高さ1メートルほどのステージの真ん中に穴が開けられ、そこから木村さん演じる地底人が這い上がってくる流れ。セットへ入るための動線入口部分には「※地底への入り口です!」の文字が記され、スタッフのユーモアに撮影現場はほっこり。

撮影現場では、映像が実際の色を再現できているかを確認するため、シーンごとにカメラの前にカラーチャートと呼ばれる色見本をかざす必要がある。木村は体の半分を地中に埋めながらも、その役を買って出て、演者としてだけではなく、スタッフとともに良い作品を作りあげようとしていたという。スタジオの中に巨大な「土地」のセットを組み、地中から這い上がってくるという撮影は、順調に進み、予定されていた時間よりも早く終了。最後は木村と、共演した女子高校生役の林芽亜里がハイタッチを交わした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加