柏木由紀 初のニュース番組出演で心境明かす「後から明るく話せるように」

柏木由紀 初のニュース番組出演で心境明かす「後から明るく話せるように」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/10
No image

柏木由紀

8日に「脊髄空洞症」の手術治療のため休養することを発表したAKB48の柏木由紀(29)が9日、ニュース番組「ABEMA Prime」にゲストMCとして出演した。休養発表後初めての仕事に臨んだ柏木。現在の症状を「今、症状としては左手にしびれがあって、首が痛んでいて。痛み止めを飲みながら現状はそれで抑えられている」と説明した。

当初は10月末の手術を考えていたという柏木。だが、MRI検査の結果、進行が「早めに進行していることが分かって」早めの手術の決断となったという。不安な気持ちを問われると「初めての手術、入院、難病ということもあって心配な気持ちもあったが、後から頑張ってきましたと明るく話せるように」と前向きに話した。

3日放送のテレビ東京系「主治医が見つかる診療所【芸能人“お悩み解決”人間ドックSP】」に出演したことがきっかけで発症が判明。「まさか大きい病気が見つかるわけないと思っていたので、番組がなかったら(人間ドックには)行ってないと思うので反省してます」と若い年代の人間ドック受診への思いものぞかせた。

また柏木はこの日の出演を前にツイッターを更新。「生放送で皆さんに観ていただける機会は、お休み前この番組が最後になるかもです!なんでこの番組に出てコンサートには出演できないの?という質問に関しては、身体への負担があまりにも違うからです。。今は歌ったり踊ったりは控えなくてはならず、、すみません、、、!」とつづった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加