EBiDAN、初となる大運動会「スポーツマンヒップ!」開催 超特急、M!LK、SUPER★DRAGONらが真剣勝負

EBiDAN、初となる大運動会「スポーツマンヒップ!」開催 超特急、M!LK、SUPER★DRAGONらが真剣勝負

  • Musicman | 音楽業界総合情報サイト
  • 更新日:2022/11/25

スターダストプロモーション所属の若手アーティスト集団・EBiDANが、11月24日に東京・アリーナ立川立飛にて初となる大運動会「スポーツマンヒップ!」を開催した。これまでにグループ単位での開催はあったが、EBiDAN公式運動会は今回が初となっており、第1回目の大会には超特急、M!LK、SUPER★DRAGONの3組に加え、スペシャルサポートとしてTEAM S from EBiDAN NEXTも参加し、グループ対抗で激しい火花が飛び散る真剣勝負を繰り広げた。

本イベントのMCを務める声優でナレーターの酒巻光宏のタイトルコールに続き、超特急(ピンク組)、M!LK(白組)、SUPER★DRAGON(青組)の3組はお揃いのジャージで登場。そして、スペシャルサポートのTEAM S from EBiDAN NEXTは黒のTシャツ姿で入場。続いて、現場レポーターを務めるすゑひろがりずが紹介され、SDRの代表取締役社長の宮下昌也が開会を宣言。続いて、M!LKの塩﨑太智と吉田仁人がアリーナに設置された朝礼台に上がり、二人が考案したスペシャル準備体操を開始。場内には、超特急のカイが作詞を手掛け、SUPER★DRAGONの古川毅とジャン海渡が歌唱を担当したオリジナルソングが流れる中で、それぞれのグループのフリやポーズを引用した体操で体をしっかりとほぐしたあと、「先輩グループとして、残念な姿を見せるわけにはいなかい」と力を込めた超特急のリョウガをはじめ、各グループのリーダーが意気込みを語り、大運動会は幕を開けた。

最初の競技は全員参加の「激烈!スリッパ飛ばし!」。片足にスリッパを履いて、できるだけ遠くに飛ばし、各グループの上位3名の合計で勝敗を決める競技で、チャレンジは一人一回。SUPER★DRAGONの柴崎楽や超特急のタカシが前ではなく後ろに飛ばて観客の笑いを誘う中で、超特急のユーキやマサヒロが好記録を叩き出し、1位が超特急、2位がSUPER★DRAGON、M!LKが3位をという結果となった。

続いての競技は「ヒップを押し込め!イスとりゲーム」。3チーム合計23名の参加で、最初の椅子は18個。超特急のリョウガが「電車だとご年配の方に席譲るじゃないですか。僕、年長なんです」と牽制するも、一回目で脱落し。15個、10個、8個……と椅子を減らしていき、最後はM!LKの佐野と塩﨑、超特急のハルの3人で1個の椅子を奪い合い、佐野が見事に勝利し、「みんなを吹っ飛ばすことができました!」と喜びの声を上げた。

次の競技に行く前に超特急のリョウガとカイによる、チームの得点には加算されない「ミニミニ選手権!」が開催され、各チームが“忍者”や“野球”、“ウルトラマン”や“ゴリラ”、“マッチョ”や“バレーボール”というお題でポーズを合わせる「ポーズを合わせましょう」に挑戦。全チームがチャレンジに失敗。リョウガとカイによる愉快なトークでファンを喜ばせた。

第3競技は、円を三等分したフィールドで3チーム同時に戦い、内野が全て外に出たら敗退となる「驚速!トリプルドッチボール」。競技が始まって5分後には2つ目のボールが投入されたが、最後まで内野に佐野が残ったM!LKが勝利。再び、リョウガとカイによる「ミニミニ選手権」として、「ヒップ相撲選手権」が行われ、各チーム代表者一人ずつ対戦し、SUPER★DRAGONのジャン海渡、超特急のタクヤに勝利した佐野が優勝を果たした。

ここで前半戦は終了。スパドラ10点、M!LK100点、超特急20点と中間得点が表示され、ハーフタイムショウへと突入。9人組ミクスチャーユニットのSUPER★DRAGONがダークでアンニュイなムードのヒップホップナンバー「Bad Day」でアリーナの熱気を上げると、TEAM S from EBiDAN NEXTはフレッシュな魅力を発揮。変幻自在の5人組ダンスボーカルグループ、M!LKは塩﨑の<エンジョイ ラブリー>というチャーミングなセリフから始まるパーティーソング「シアワシェイク」でハッピーを振りまいて会場のテンションを引き上げ、新メンバー4人が加入し、9人組ダンス&ヴォーカルグループとなった超特急は、新体制バージョンにリメイクした「Burn!」をパフォーマンス。アロハとユーキがアクロバティックなバク転を繰り出し、タクヤとシューヤのツインヴォーカルがパワフルなハーモニーを響かせると、オーディエンスが両手でばってんを作るフリで一体となって盛り上がった。

ここで、超特急のリョウガから「今日はM!LKの結成8周年とメジャーデビュー1周年記念日です。M!LKの5人、こちらに出てきて」と促されたM!LKが前に出ると、会場中からお祝いの盛大な拍手が沸き起こった。さらに、カイの「せっかくの記念日なので、もう1曲、プレゼントしてもらえない?」と聞かれたM!LKは快諾し、急遽、インスタライブを実施。山中のウィンクに歓声が上がったラブソング「恋がはじまる」で応援してくれているファンに感謝の気持ちを届けると、今度はM!LKの佐野の合図で超特急タクヤのバースデーをサプライズで祝福。会場にはケーキが登場し、盛大な拍手で祝われたタクヤは「すごく幸せです」と照れ笑いの表情でお礼を述べた。

5分間の休憩を経て、後半戦がスタート。超特急タカシ&ハル、M!LK佐野&吉田、スパドラ古川毅&柴崎楽のペアが、足ツボシートに悶絶し、輪投げに苦心し、ボールを仲良く顔で挟みながら進み、顔を真っ白にしながら粉の中の飴を探す第4競技「二人三脚障害物競走」では、M!LKが圧倒的な速さでゴール。各メンバーが独特の絵心を披露したミニミニ選手権「お絵かき伝言ゲーム」を経て、最後の競技は、運動会の花形である「全員参加! チーム対抗リレー!」。最後のみ1位が200ポイント、2位が100ポイント、3位が0ポイントであることが明かされると、総合得点でトップを走るM!LKからはブーイングが上がったが、1人2周分を担当したM!LKがダントツの速さでゴールテープを切ると、佐野は「M!LKはいいチームだなと思いました」と語り、追いつけなかった超特急タクヤとSUPER★DRAGON志村は「みんな全力で走ったので、後悔はないです」と声を揃えた。

この日の競技はこれで全て終了し、いよいよ結果発表へ。まず、ミュージックビデオPにM!LK佐野が選ばれ、宮下社長から素敵なプレゼントとして、「好きな時に好きな弁当頼める券5枚分」が贈られると、佐野は「めっちゃ気持ちいい!」と歓喜。そして、各チームの点数が発表され、SUPER★DRAGON10点、M!LK350点、超特急、150点という結果となり、M!LKが第1回大会の優勝を勝ち取り、優勝トロフィーと打ち上げ費用として10万円の賞金が贈られ、M!LKの5人は和になってトロフィーを掲げた。優勝インタビューを受けたM!LK吉田が「ライブ以外でも力を発揮するメンバーが誇らしいです」と語り、佐野は「EBiDAN合同で運動会をするのが夢だったんです。来年は、さらに後輩グループを集めて、もっと大きなところでやりたいです」と次回の開催を匂わせ、3時間に渡った大運動会の幕を下ろした。

なお、本イベントの模様はFanStreamにて有料配信をする予定となっている。詳しい情報は各グループのオフィシャルサイトやSNSで告知される。

文:永堀アツオ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加