ジップロックを使った“冷凍・解凍のやり方一覧”が超便利。メーカーに聞いた

ジップロックを使った“冷凍・解凍のやり方一覧”が超便利。メーカーに聞いた

  • 女子SPA!
  • 更新日:2020/11/22

食品や食材を冷凍したはいいものの、いざ食べようと解凍してみたら、パサついていたり、食感が変わってしまったりと失敗することも多いですよね。

そんな時にとっても便利なものが、SNS上で話題になりました。それは旭化成ホームプロダクツが公開中の『一目でわかる!冷凍・解凍チャート』。SNS上で「生活が劇的に変わる」「人類の叡智」「完全攻略wikiだ」などと評判です。

No image

「一目でわかる!冷凍・解凍チャート」(画像:旭化成ホームプロダクツより)

No image

(画像:旭化成ホームプロダクツより)

◆下処理→保存→解凍方法まで。まさに永久保存版

このチャート(スマホからだと、文字が小さくて見えづらい可能性があります)では、材料・料理ごとの下処理方法、サランラップとジップロック「フリーザーバッグ」「コンテナー」「スクリューロック」の4種類の保存アイテムを使った保存方法、そして解凍方法が一目で把握できます。

例えば、生のほうれん草ならば、洗って水けをきりそのまま「ジップロックフリーザーバッグ」に入れて冷凍保存。解凍方法は「凍ったままゆでる」といった具合。食材だけではなく、ハンバーグやカレー、煮物、だしのスープストックなどの調理済み料理の冷凍・解凍方法も書かれています。

さらに、旭化成ホームプロダクツのサイト上のチャートでは、材料・料理名をクリックすれば、解凍後のおすすめレシピも教えてくれます。

SNSで知って「この冷凍・解凍チャートはすごい」と思った編集部は、旭化成ホームプロダクツに取材。チャートを見ながら浮かんだ素朴な疑問も聞いてみました。

◆サランラップだけで冷凍はダメなの?

No image

ジップロック イージージッパー L 32枚入(画像:Amazon販売ページより)

――とてもわかりやすく、使いやすいチャートで毎日助かっています。ところで、こちらのチャートにはサランラップのみの冷凍方法は記載されていないのですが、なぜだめなのでしょうか?

「決してだめという訳ではありません。ただ、サランラップのみで保存するよりも、1回に使う分量に小分けしてサランラップに包み、ジップロックフリーザーバッグに入れて保存した方が、より食品の酸化を防ぎ、食品のみずみずしさを保ち、長く美味しく保存することができるためです。

また、ジップロックに入れると、冷凍室内の整理整頓がしやすいというメリットもあります」

◆フリーザーバッグに大切なのは密封性と素材

――サランラップのみはNGではなく、あくまで推奨ということですね。では、ジップロックフリーザーバッグは、100均などで買える安いフリーザー袋とはどこが違うのでしょうか。

「ジップロックフリーザーバッグは、特にジッパー部分に優れた特長を持っています。

まず、Open tabという段違いの耳の部分がついているため、開け口に指がかかりやすくなっています。さらに、2種類の異なるジッパーを採用することで、密封性の高さ(密閉ジッパー)と閉まったことが実感できる仕様(ウルトラジッパー)を実現しています。

そしてバッグ自体の素材が厚手のため、食材を酸化や乾燥から守ることができます」

No image

(画像:旭化成ホームプロダクツ提供)

――確かに、言われてみれば開け閉めするときの感覚に違いはありますね。素材が厚いのも納得。汁ものを入れた時の安心感が段違いなんですよね。ジップロックフリーザーバッグは最近リニューアルされたそうですが、どこを改良されたのでしょうか?

「開閉する箇所にあるタブには、従来も線上の滑り止めを付けていましたが、今回のリニューアルでは、そこに細かい凹凸をつけることでより滑りにくくなりました。キッチンシーンで濡れた手で使う場合、冷凍室から出して水滴や霜がついてしまった場合の使いやすさを向上するために改良しました」

◆サランラップは防災にも役立つグッズだった

――最後に、冷凍保存以外でのサランラップやジップロックの意外な活用法があれば教えてもらえませんか?

「サランラップは『食品包装用ラップフィルム』なので、冷凍保存に関わらず、食品保存全般にお使いいただけます。

また、実は各社電子レンジの取扱説明書では、耐熱温度140度以上のラップの使用を推奨していることをご存じですか。サランラップは耐熱温度が140度なのでレンジ加熱にも安心してご利用いただけます。

さらに『サランラップに書けるペン』を使ってサランラップにイラストやメッセージを書くことによってコミュニケーションツールとして活用していただくこともご提案しています。

最近では防災に役立つグッズとして活用されていることが多くなってきており、弊社としておすすめの活用術をご紹介しています。

また、ジップロックでは、傘のシェアサービス『Ziploc RECYCLE PROGRAM』 を開始しました。これは使用済みジップロックを回収し、別のプラスチック製品に作り替えることで廃プラスチック問題の解決に貢献する活動です。ぜひ、ご活用いただければと思います」

身近すぎてよく知らなかった、冷凍保存やレンチンの基本。冒頭の冷凍保存チャートは、DLプリントして冷蔵庫に貼っておくのもオススメです。

<文/もちづき千代子>

【もちづき千代子】

フリーライター。日大芸術学部放送学科卒業後、映像エディター・メーカー広報・WEBサイト編集長を経て、2015年よりフリーライターとして活動を開始。度を超したぽっちゃり体型がチャームポイント。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加