寒冷前線通過で局地的に激しい雨 午後は関東も久々の雨に

寒冷前線通過で局地的に激しい雨 午後は関東も久々の雨に

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2020/11/20
No image

2020/11/20 06:11 ウェザーニュース

今日20日(金)は低気圧や寒冷前線の通過に伴い、全国の広い範囲で雨が降っています。季節外れの陽気をもたらした暖かく湿った空気が流れ込んでおり、雨雲が発達しています。

特に活発な雨雲が通過している北海道や四国、九州では局地的に雨が強まり、未明には熊本県宇城市・三角で1時間に38.0mm、鹿児島県阿久根市で30.5mm、早朝になり高知県安芸市で29.0mmを観測するなど、11月らしからぬ激しい雨を観測しました。

関東は久々の雨の可能性

No image

20日(金)9時の雨の予想

今後、雨のエリアは東に移り、昼前には近畿や東海、東北などで雨が強まる見込みです。1時間に30mmを超えるような激しい雨が降り、雷を伴うおそれがありますので、注意が必要です。

また、午後にかけては雨雲の一部が関東を通過し、一時的にザっと雨を降らせることがあります。関東は最近10日間以上、まとまった雨がなく、東京で雨を観測すれば11月8日以来、12日ぶりです。長い時間降り続くことはないものの、外出時は雨具を忘れないようにしてください。

強い風にも注意

No image

20日(金)15時の風の予想

低気圧が日本海で発達している影響で、各地で風が強まっています。6時までの最大瞬間風速は北海道函館市で25.2m/s、石川県金沢市で21.5m/sなど20m/sを超えている所が多く、関東でも千葉市で16.9m/s、東京で16.0m/sなど沿岸部は強風です。

低気圧や前線の通過前は南よりの風、通過後は西よりの風が強く吹き、瞬間的には20m/s以上の風が継続する見込みです。強風による飛来物などにも注意をしてください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加