広島 守備も乱れて11失点 松山負傷交代に佐々岡監督「明日になってみないと分からない」

広島 守備も乱れて11失点 松山負傷交代に佐々岡監督「明日になってみないと分からない」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/04/11

◇セ・リーグ 広島7ー11ヤクルト(2021年4月8日 神宮)

No image

<ヤ・広(3)>5回、負傷交代する松山(撮影・島崎忠彦)

広島は、守備も乱れて、今季最悪の11失点につながった。

初回無死一、二塁では、山田の左翼への飛球を松山が目測を誤り安打として、4失点につながった。5―7の5回に登板した島内は2与四球と制球が乱れ、捕逸も重なり3失点(自責1)。

佐々岡監督は「今年は集中力を持って…という中で投手陣が足を引っ張った守備もあった。もう一回気を引き締めてやらないといけない」と反省を促し、負傷交代した松山については「明日になってみないと分からない」と話すにとどめた。

◆負傷交代 広島・松山竜平外野手(35)が8日のヤクルト3回戦で負傷交代した。5回1死三塁から目測を誤って山崎のライナー性の打球を左越え二塁打にした際に痛め、アイシング治療を受けた。9日以降については当日の状態を見て判断する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加