【最強寒波】仙台で氷点下7.5度 凍結路面で転倒6人けが 市民「タイツとかはいてマフラーもして全部やれることはやった」水道管凍結も注意

【最強寒波】仙台で氷点下7.5度 凍結路面で転倒6人けが 市民「タイツとかはいてマフラーもして全部やれることはやった」水道管凍結も注意

  • tbc東北放送
  • 更新日:2023/01/25

非常に強い寒気が流れ込んでいる影響で、25日の宮城県内は厳しい寒さが続き、仙台で9センチの積雪を観測するなど本格的な雪も降っています。

【写真を見る】【最強寒波】仙台で氷点下7.5度 凍結路面で転倒6人けが 市民「タイツとかはいてマフラーもして全部やれることはやった」水道管凍結も注意

星野誠気象予報士「午前8時半の仙台駅東口です。雪が絶え間なく降り続いていて、非常に水分の少ない乾いた雪が4、5センチほど積もっています」

この冬一番となる9センチの積雪を観測した仙台市内。非常に強い寒気の影響で、けさの最低気温は「氷点下7.5度」と、2年ぶりに氷点下7度を下回る冷え込みを記録しました。

市民「タイツとかはいてマフラーもして、全部やれることはやって」

きょうはこの後も夕方にかけて雪が降りやすく、最高気温は仙台と白石、石巻で氷点下3度など、県内各地で0度未満の真冬日になる予想です。

消防によりますと、仙台市と塩釜市などで男女あわせて6人が凍結した路面で転倒しけがをしたということです。

今後も路面や水道管の凍結に十分注意してください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加