【北村友一コラム】天皇賞はディアスティマの強みを生かします

【北村友一コラム】天皇賞はディアスティマの強みを生かします

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/02
No image

北村友一騎手

海外のレースも経験し、今年も活躍が期待される北村友一騎手。競馬開催日、ファンに向けて生の声をお届けする。

◇  ◇

日曜の阪神11Rは春の天皇賞。京都競馬場が改修中のため、今年は阪神3200メートルで行われます。コンビを組むディアスティマが同じ舞台設定の松籟Sを勝っているため、多くの方にコースについての質問を受けました。あまり意識はしていないのですが、1周目の外回りから2周目は内回りに変わるだけに、2周目の3角ではいいポジションで運びたいですね。

現在連勝中。4走前にブリンカーを着用してからは、最後までしっかりと走り切ってくれるようになりました。一瞬の速い脚は劣りますが、スタミナが豊富なのでバテない強みを生かせればいいですね。うまくコンタクトを取っていい結果を出せるように頑張ります。

8Rのレッドフラヴィアも前走でブリンカーを着用して一生懸命に走れていたみたいです。ポテンシャルが高い馬なので昇級でも好レースを期待しています。

9Rのゴールドティアは気性面で難しいところがありますが、リズム良く走れれば安定して脚を使ってくれるので、落ち着いて臨めれば。10Rのデュアリストは能力上位でしょう。前走よりも状態は良さそうですし、ゲート五分でスムーズに運べれば。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加