新Macシリーズ、過去モデルよりSSD速度が遅いことがある

新Macシリーズ、過去モデルよりSSD速度が遅いことがある

  • ギズモード・ジャパン
  • 更新日:2023/01/26
No image

Image: Shutterstock

容量次第でなんとかなります。つまりモアマネー。

先日、待望のM2 Pro/Maxチップを搭載したMacが発表されましたね。さぞ高性能になっているだろう…と思いきや、ストレージの読み書き速度についてはM1チップに劣ることがあるそうな。

ストレージ容量がカギ

MacRumorsが、M2チップ搭載の新しいMac miniを例に出しています。256GBモデルのMac miniを分解したところ、中には256GBのSSDが1枚搭載されていました。しかし、M1のMac miniの場合は128GBのSSDが2枚搭載されているんです。

SSDの転送速度は並列に繋いだ方が高速化します。新しいMac miniは、256GB 1枚にしたことで128GB 2枚挿しよりも低速になってしまったわけですね。

最低容量(256GB SSDストレージ)の新しいMac miniの読み書き速度は、前モデルに比べ30〜50%遅くなっていることが確認されています。

容量を上げるしかない

同様の問題はM2搭載のMacBook Airでも発生していました。解決方法も同じで、2枚以上のストレージを積めばOK。

つまり、Mac Miniであれば512GB以上、M2 Proチップ搭載の新MacBook Proも同様に最低容量から1つ以上は容量を上げたモデルを選べば良いでしょう。

こうなると価格の見え方も変わってきますね…。

MacBook Pro、M2以外にもココが変わった

Source:MacRumors

ヤマダユウス型

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加