新春恒例のはしご作り 小田原鳶職組合〈小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町〉

新春恒例のはしご作り 小田原鳶職組合〈小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町〉

  • タウンニュース
  • 更新日:2022/01/15

出初式の花形「はしご乗り」。小田原鳶職組合では、華麗な技を披露する乗り子を支えるはしごを、毎年1月4日に松原神社の敷地内で作っている。昨年はコロナの影響ではしご乗りが中止となり、今年は2年ぶりのはしご作りだ。

長さ3間半(約6・3m)の2本の竹に穴を開け、15個のコマを付ける。最上部の2つは、演技中につかみやすくするため両端を指1本分ほど長くする。竹の中央部分は曲線を描くように絞るのが「粋」だ。

小田原市消防出初式での出番は、雨のために中止に。同組合小頭の湯川吉寛さんは「新人の乗り子も練習してきたので、どこかで披露する場があれば」と話している。

No image

松原神社の敷地内ではしごを作る組合員たち

タウンニュース小田原・箱根・湯河原・真鶴版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加