地球の自転が速くなり、一日が短くなっている。原子時計で観測史上最速を記録

地球の自転が速くなり、一日が短くなっている。原子時計で観測史上最速を記録

  • カラパイア
  • 更新日:2022/08/06
No image

最近なんとなく、月日が過ぎるのが速く感じているとしたら、その感覚はちょっとだけ正しいのかもしれない。

地球の自転速度は速くなっているそうで、2022年6月29日は、1960年代に原子時計で地球の自転を正確に計測するようになって以来、もっとも短い1日だった。

2022年6月29日は24時間より1.59ミリ秒短かったそうだ。これは原子時計による観測史上、「自転の最速記録」であるという。

不可解なことに、地球は2020年以降、自転の最速記録を20数回も破っている。今回の記録は、近年みられる自転の加速を裏付ける新たな証拠だ。

【他の記事を見る】もし地球の自転が止まったら?逆回転したらどうなっちゃうの?【夏休み科学電話相談めいたトリビア】

地球の自転が高速化し、観測史上最も短い日を記録

地球は完璧な球ではない。だからその自転は、内部構造・月の引力・気候といった要因によって、わずかに乱されている。

また「チャンドラー揺動(地球自転軸の微小な振動)」を引き起こす地球の地理学的極点(北極と南極)のゆらぎが関係すると指摘する研究者もいる。

タスマニア大学のマット・キング教授は、「明らかに何かが変わった。それは緻密な電波天文学が1970年代に始まって以来の変化だ」と、ABCで語っている。

原子時計で地球の自転の測定を行うようになってから、過去50年間で最も短い1日だったのは、2020年7月19日で、24時間(86400秒)より1.47ミリ秒短縮された。

ところが、2022年6月29日は、更にそれよりも短くなり、24時間より1.59ミリ秒短縮され、観測史上最速記録となった。

No image

photo by Pixabay

史上初の「負のうるう秒」で調整する必要性があるかも

もし、地球の自転がこのまま加速し続けるなら、いずれは原子時計から1秒差し引いて、時間を調整しなければならなくなる。

それは歴史上初の「負のうるう秒」になることだろう。原子時計は数年に一度、うるう秒(23時59分”60”秒)を加算して時間調整されるが、マイナスされたことは過去に一度もない。

No image

photo by Unsplash

短期的にみると短くなっているが、長期的にみると長くなっている

このところ観測されている自転の高速化は不可解な現象だが、長期的に見ると、地球の自転は月の影響で遅くなっているという。

今から14億年前は、1日は19時間ほどしかなかったそうだ。別の研究に基づくと、今日の1日は670万年前よりも1分長いと考えられるのだそうだ

その後、月の引力が海水を引っぱるために発生する、潮の満ち引きが原因で、海や海岸で摩擦が起きたことなどから、自転の速度が少しずつ遅くなっており、現在のおよそ24時間という速度に至ったという。

References:Earth Just Mysteriously Spun Faster, Causing Shortest Day Ever Recorded/ written by hiroching / edited by /parumo

・あわせて読みたい→米ソ冷戦時代、アメリカ空軍はロケットで地球の自転を止めようとする計画を提案していた

動画・画像が表示されていないときはこちらから

パルモ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加