今日から始める《要領がいい人》になるための方法。共通する特徴も一緒にご紹介

今日から始める《要領がいい人》になるための方法。共通する特徴も一緒にご紹介

  • folk
  • 更新日:2021/05/03

要領がいい人の特徴と、要領がいい人になるための方法をご紹介!

仕事や家事を効率よくこなすか、ため込んでしまうか。2つの違いは、「要領のよさ」にあります。そして要領がいい人とは、「処理の仕方が上手い人」を指します。今回は要領がいい人に共通する特徴や、物事を効率よくさばいていく簡単な方法についてご紹介いたします!段取り良く作業を終わらせて、やりたいことを思う存分楽しみ、心に余裕を持って毎日を過ごしたいですね。

要領がいい人の意味

No image

出典:https://www.pexels.com/

まずは、「要領がいい人」の意味について詳しくご紹介いたします。要領がいい人とは、簡単に言うと「物事の処理の仕方が上手く、周囲よりも手早く作業を終わらせられる人」を意味します。やりたいこと、やらなければならないことがある中で、仕事だけが溜まっていくと焦る一方ですよね…。まずは「要領がいい」という言葉の意味を理解して、仕事や家事など、目の前のタスクをいかに簡単に進められるか考えてみましょう。

段取りがいい

「要領がいい」ということは、「段取りがいい」ということです。要領がいい人は、目標達成までの手順や過程をシンプルに、上手く組み立てることができます。例えば料理に置き換えると、レシピから必要なものを瞬時に見極め、必要なものとそうでないものを分けます。そして、調理にかかる時間を段取り、他の料理を作りながら家事をこなすことも可能です。仕事においても同じで、要領がいい人は目標までの簡単な過程を計算するのが上手いのです。

ちゃっかりしている

要領がいいという言葉には、「ちゃっかりしている」という意味もあり、物事を抜け目なくこなせるということです。周囲より先に利益になることに気付き「自分のためになるように動ける」ので、計算高いマイナスなイメージもあるかと思いますが、要領のよさを「周囲のために活かしている」方も多いです。仕事や家事をするうえで、必要なことを必要な分だけ行えるので、抜け目なく目標にたどり着くことができます。要領がいい人は、自分なりの勉強方法で効率よく勉強し、しっかりと高得点を取っていますよね。

世渡りが上手い

要領がいい人は世渡り上手で、人気があります。コミュニケーション能力が高く、人間関係において、相手に悪く思われないようにふるまうことができます。比較的甘え上手で、相手のテリトリーに入っていけるので、必要な時に周囲を頼りながら仕事を進められるのです。また、人間関係のバランスをとる能力に長けているので、リーダーを任せられたり頼られることも多いでしょう。協調性があり、状況に応じて巧みに対応を変えられるという特徴もあります。

処理スピードが速い

地頭がよく理解力があるので、要領がいい人は物事を吸収して実践するスピードもとても速いです。取捨選択に無駄がないので、できることから手をつけて、不必要な部分は取り除いて考えられます。また、即座に考えられる分、状況判断を簡単に素早く行えます。要領がいいか否かは、「学業の成績とはあまり関係がない」と言われていますので、鍛えれば少しずつ身についていくということです。日頃から学びの姿勢を続け、「その人本来の頭の良さ」を鍛えることが大切です。

取りこぼしがない

要領がいい人の仕事が速いのは、「ミスや取りこぼしがない」ということも大きく影響しています。作業に手戻りがないので、同じ量の仕事を任されていても、要領のいい人の方が早く終わっているということも。要領よく仕事を終わらせられると、時間の余裕が生まれ、確認の時間も長く取れます。要領がいい人のように仕事を手早く終わらせるには、作業効率を見直し、「どのように仕事を処理するか」を考えることが大切と言えます。

要領がいい人の特徴

No image

出典:https://www.pexels.com/

続いて、要領がいい人の特徴についてご紹介いたします。考え方ひとつで、案外テキパキお仕事が進むこともあります。生活リズムが整うので、仕事だけでなく、家事や健康管理もしやすくなりますね。要領がいい人たちの特徴を理解して、真似をしてみることから始めてみましょう。気になった特徴は、メモして見えるところに貼って、日頃から意識するのも良いですね。ぜひ、簡単にトライできるものから取り入れてみてください。

必要・不必要を見極めている

要領がいい人は、目の前にある仕事に対して、「必要・不必要」を素早く見極められるという特徴があります。忙しい時、次々と課題が山積みになっていくと、焦って「何から手を付ければ良いか分からない…」ということも。そんな時こそ、落ち着いて周囲の状況を把握し、「今やるべきことは何か」を考えてみましょう。焦って一度に色々と手をつけるのは、かえって逆効果になることもあります。必要・不必要を書き起こしてみるのも良いですね。

目標達成への過程を大切にしている

目標達成までの過程を丁寧に考えることも、要領がいい人の特徴です。「仕事を終わらせること」だけに気を取られていると、次に同じような仕事を任された時、もう一度手順を振り返る時間がかかってしまいます。要領がいい人は、オリジナルの綺麗なノートを作って、これまでの過程を簡単に確認してから仕事を進めていませんか。目標地点に到達するまでのプロセスをしっかりと頭に入れ、必要事項はメモしたり、簡単にまとめておくことも大切ですね。

長期的に考えて行動している

要領がいい人は、物事を短期的視点だけでなく、長期的視点でも見ているという特徴があります。例えば、先に簡単な旅行の計画を立てておくと、それまでの生活費の使い方や準備するものが明確になりますよね。また、それまでの過程が辛くても、目標に向けて頑張れる原動力にもなります。仕事や家事において、少し先を見据えて目標を立てておくと良いでしょう。カレンダーやスケジュール帳を活用して、段取りを組み立てておくと良いですね。

想像力を働かせている

常に想像力を働かせて、もしもの場合を簡単に想定しておくことも大切です。要領がいい人は多くの視点から物事を考え、最悪の場合も想定しているという特徴があります。「雨が降った時を想定してカバンの中に傘を入れておく」というのは、簡単ですが、大切な対策ですよね。リスク管理能力や危機管理能力を研ぎ澄ますことで、いざという時に大変役立ちます。要領がいい人が、トラブルが起こってしまっても焦らず柔軟に対応できるのには、理由があったのですね。

整理整頓が上手

要領がいい人のデスクの上は、きれいに整理整頓されているという特徴も。どこに何があるか簡単に分かるので、余計な時間をかけず、時間短縮に繋がりますよね。大切なメールや書類も、フォルダやファイルを活用して、日常的に仕分けをしておきましょう。気付いた時に少しずつ整理しておけば、常に綺麗な環境をキープすることができます。簡単な整理や掃除をこまめに行うと、心もリフレッシュして、ストレスがたまりにくくなりますよ。

要領がいい人の考え方

No image

出典:https://www.pexels.com/

最後に、容量がいい人の考え方についてご紹介いたします。要領がいい人は基本的にポジティブで、物事をシンプルに考えています。オンとオフの切り替えが上手なので、心の切り替えも上手に行ってすぐに前に進めます。また、どっしりと構えていて、咄嗟の出来事にも落ち着いて対応できます。要領がいい人の考え方を心の中に留めておくだけでも、いつもとはちょっと違った視点で仕事の道を切り開けるかもしれません。

不明点を明確にして考えすぎない

要領がいい人が心の切り替えが上手いのは、「分からないことを明確にしている」からです。分からないことを簡単にリストアップして、後でまとまった時間に周囲の人に確認すれば、そこで問題は解決します。また、人間は不確実なことがあると心配になりますが、大抵の心配事は実際に起こらないとも言われています。考えなければ不安に思うことはありませんので、何事も「考えすぎない」のも要領がいい人になるためのポイントです。

前向きに考えている

要領がいい人は、「なんとかなるさ」という考え方で、焦らず冷静に物事に対応できます。今自分にできることを全て行ったら、後は何も考えず明日を待ちましょう。ネガティブに考えて、自分でストレスを作り出していませんか。明るい前向きなオーラは周囲にも伝わりますので、その場にいる人たちも前向きな気持ちになれますよ。仕事や人間関係、ストレスに悩んだら、「なんとかなるさ」と一言つぶやいてみるのも良いでしょう。

周囲との情報共有を大切にしている

プランや予定を考えたら、周囲の人たちと積極的に意見交換をするのも手です。要領がいい人は、人間関係やコミュニケーションを大切に考えています。時間を決めて、過去の反省点や今後の課題を共有してみましょう。仕事だけでなく、家庭においても一人で抱え込まずに考えていることを相談すると良いですね。考えを共有すると相手への理解が深まり、新しい解決策や提案をしてくれるかもしれません。

上手に息抜きをしている

要領がいい人は、上手に息抜きをしています。忙しくても詰め込みすぎ、やりすぎは良い結果に繋がりません。そんな時はスケジュールを見直して、休憩と仕事の配分が偏りすぎていないか確認します。時には立ち止まって振り返り、この先の見通しを前向きに検討しながら、リラックスしてみましょう。要領がいい人は上手に休憩の時間を取り入れることで、集中できる時間を効率よく使っています。煮詰まってきたと感じたら、席を立って周囲をお散歩してみてください。

予定を詰め込みすぎない

段取りよく物事を進めるには、予定を詰め込みすぎないようにします。今抱えている仕事やプランを書き出し、かかっている時間を計算してみましょう。そしてスケジュールと照らし合わせ、全体として丁度良く仕事が進むよう、ペースを配分していきます。仕事が予定通りに進まなくても、ある程度区切りをつけることも大切ですよ。スケジュールを入れすぎてしまうと、それがストレスになってしまうこともあります。

要領がいい人の特徴と、要領がいい人になるための方法まとめ

今回は、要領がいい人に共通する特徴や、物事を効率よくさばいていく簡単な方法についてご紹介いたしました。気になる特徴や考え方がございましたら、ぜひ取り入れてみてください。要領がいい人になるためには、日々の積み重ねが大切です。時に失敗してしまっても、経験を重ねるうちに仕事を理解し、「要領がいい人になっている」ものです。焦らず自分のペースで、できるようになる過程を楽しむと良いですね。

Runa

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加