柏ネルシーニョ監督と衝突!?ペドロ・ハウル構想外の理由をブラジル紙報道

柏ネルシーニョ監督と衝突!?ペドロ・ハウル構想外の理由をブラジル紙報道

  • Football Tribe Japan
  • 更新日:2022/01/15
No image

ネルシーニョ監督 写真提供:Gettyimages

柏レイソルからリーガMX(メキシコ1部)のフアレスへ期限付き移籍していたブラジル人FWペドロ・ハウル(25)は、母国復帰が噂されている。その中、ブラジル紙『O DIA』は14日、同選手が柏レイソルで構想外となった理由を報じた。

ペドロ・ハウルは昨年9月21日にフアレスへの期限付き移籍すると、リーガMXでは8試合中6試合で先発出場して2ゴール1アシストをマーク。フレアス幹部は今月8日からシーズン後半戦がスタートするのを前に、同選手の慰留に努めていた。しかし、両者が合意に達することはなく今冬退団が確実になったと、メキシコ紙『RECORD』が今月10日に報じていた。

また、ブラジル国内の複数メディアは、ペドロ・ハウルが柏レイソルで2022シーズンの構想に含まれていないほか、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエA(ブラジル1部)のECジュベントゥージやカンピオナート・ブラジレイロ・セリエB(ブラジル2部)のヴァスコ・ダ・ガマが獲得に乗り出していると伝えていた。

その中、『O DIA』はペドロ・ハウルが柏レイソルで構想外となっている理由について、同選手がネルシーニョ監督と衝突していたことを挙げている。

なお、ペドロ・ハウルは昨年2月にブラジル国内の複数クラブから関心を寄せられる中、当時カンピオナート・ブラジレイロ・セリエBに降格したボタフォゴFRから柏レイソルへ完全移籍。昨年4月下旬にチームへ合流すると、6月下旬に行われたJ1リーグ第20節・湘南ベルマーレ戦からリーグ戦6試合連続で先発出場。しかし、8月下旬以降に行われた第25節・サガン鳥栖戦を最後に出番がなくなると、サポーターからは同選手の状況を心配する声が上がっていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加