四国南東部観光 徳島・高知が協力して発信

四国南東部観光 徳島・高知が協力して発信

  • JRTニュース
  • 更新日:2022/11/25
No image

徳島と高知の18団体が24日、「四国南東部広域観光連携協議会」を立ち上げた。DMVをきっかけに地域の魅力を発信し観光誘客を進めるのが目的。設立総会では両県を訪れた観光客地のデータの共有やイベント情報を一体的に発信することなどを確認した。

四国南東部の観光誘客に取り組もうと徳島と高知の18団体が24日、四国南東部広域観光連携協議会を立ち上げました。

設立されたのは徳島県と県南の1市4町、高知県と高知県東部の2市4町3村、両県の観光地域づくり法人、あわせて18の団体で構成する「四国南東部広域観光連携協議会」です。

この協議会は海陽町と高知県東洋町をつなぐDMV=デュアル・モード・ビークルの運行で全国から注目を集めていることから、徳島県南部と高知県東部が連携して、地域の魅力を発信し観光誘客を進めようと設立されました。

四国南東部広域観光連携協議会の坂東淳会長は「これまで単独でやってた部分とは違う意味で(観光の)強みをさらに情報発信していけるのではと考える」と話しました。

24日の設立総会では両県の観光地を訪れた人のデータを共有することやイベント情報を一体的に発信することなどを確認しました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加