JR踏切で車と列車が接触 運転見合わせ 札幌

JR踏切で車と列車が接触 運転見合わせ 札幌

  • HTB北海道ニュース
  • 更新日:2023/01/25

札幌市北区のJR学園都市線の踏切で、乗用車と列車が接触する事故があり、車を運転していた男性がケガをしました。

事故があったのは、札幌市北区拓北6条2丁目にあるJR学園都市線の「大野地街道」踏切です。列車は北海道医療大学発札幌行の6両編成で、乗客・乗員にけがはありませんでしたが、乗用車を運転していた65歳の男性が胸や足の痛みを訴え病院に運ばれました。軽傷だということです。

警察によりますと、男性は「雪のため踏切内で車が動かなくなった」と話しているということです。

この事故でJRは学園都市線の札幌と北海道医療大学の間で、上下線とも運転を見合わせています。

No image

(c)HTB

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加